FC2ブログ

語学学校留学直後の不満?

留学手配をさせて頂いた学生さんが、語学学校などに入学した数週間後に「相談があるんです」と連絡してきた時には、「あ、来かな?」って予感がする時があります。「学校が合わない」「クラスが難しすぎる」って事の相談で、「学校を変えたい」とか「レベルの下のクラスに移動したい」と言う希望です。

慣れ親しんだ日本での生活から離れて海外に留学した訳です。初体験の事ばかりなので、緊張もあるでしょうしストレスを感じる事も多いでしょう。語学学校の入学日には、「友達100人できるかな?」って勇んで登校してみても、日本の学校のように「入学式」とした式典がある訳でもなく、その週に入学した学生が既にあるクラスに振り分けられるだけの事。クラスルームに入ったら、既にクラスメートは友達同士で自分は「転校生」って感じで浮いてしまっています。一人ぼっちの心細さと「後から来た人」って感じの劣等感を感じてしまい、何だか落ち着かない1日を過してしまうって事もあるかと思います。
そして、その日にいきなり授業が始まってしまって英語の中に放っり込まれてしまう訳です。先生の言っている事や授業の展開が全く読めずにチンプンカンプン・・・。「あぁ?どうしよう!!」って焦って周りを見渡しても誰に助けを求めたら良いのか??って不安な気持ちが最高潮に達します。

・・・で相談して来られる訳です。「学校変えられませんか?」とか「下のレベルに移らせて貰える様に言って貰えませんか?」って言う相談なんです。
その様な場合、「数週間様子を見てごらん」ってアドバイスします。って言うのも、これは正しく「時間が直してくれる薬」みたいなもので、生活環境が急激に変化した事にまだ順応していないからパニックになってしまっているんです。
でも、そのパニックも1?2週間もすれば大抵は収まります。

その理由は、「1週間後には新しい留学生が入学してくるから」
入学してから1週間目までは新参者ですから知らない事だらけ、何もかもが緊張の連続です。でも、1週間経って新入生が加入してくると「自分を客観視」する事ができる余裕が生まれてきます。嫌らしい言い方かもしれませんけど、「自分よりも大変そうな子」を見ることで落ち着きが発生するんだと思います。
また、丁度その頃になってくるとクラスの中にも気の合う友人や日本人留学生同士の交友もできて「居心地」を感じ始めます。孤独から抜け出して「楽しみ」を感じ始める時期に差し掛かります。

クラスのレベルが高いと思っていた事も、耳が慣れ始めて来て「聞き取れる」ようになってくるのも1?2週間を過ぎてから。担任の先生の授業展開などの手法やルーチンを理解し始めてきますので、授業中にあたふたする事も無くなってきます。
クラス選定は入学した際に受けた試験(簡単な英語能力判定テスト)で総合的に判断されて各レベルのクラスに適切に振り分けられます。テスト結果に相応したクラスに参加する訳ですから、時間が経てば英語レベルに相応した理解が可能になる訳です。

語学学校に入学した時のパニックは誰もが経験するものだと思います。海外で一人で頑張っている留学生を心細い気持ちにさせるのは可愛そうなので、到着直後の愚痴や相談は大事に聞いてます。で、愚痴相談が来なくなったな?って思った頃には「留学生活」を楽しみ始めた頃なんだと思っています。「便りが無いのが無事な証拠」って言いますから。
スポンサーサイト



theme : 海外留学
genre : 学校・教育

カンニングで単位取得ビジネスが大繁盛?

日本でも以前に話題になっていた論文作成代行ビジネス。卒業論文や提出レポートの作成を代行しれくれるサービスで結構需要があると言う話でした。
同じような話がイギリスで取り上げられていたので紹介します。

エッセーオークション 出典 BBC News, education 19 Mar 2008

他人が書いた論文を売買する行為、論文作成代行ビジネスを利用した場合など、内容が「オリジナル」であるが故に大学側の「論文盗作検索」に引っ掛かり難く、また論文提出時期の混乱に紛れやすいと言う事からそれらの「不正行為」を暴くのは困難であると言うことでした。
このような「論文売買」又は「論文作成代行」サービスを提供しているWebsiteが130以上もあったそうです。このようなサービスを提供しているサイトは世界規模に広がりを見せており、大学が単体で対応するのは困難です。大学間で協定を結びながら対策を行うべきだと指摘しています。

こう言うビジネスが繁盛する理由として、学校が学生に対しての注意力が欠けているのが原因の一つではないか?と考えられます。
学生一人一人に対しての変化に気付かない大学側の問題も指摘されています。これまでの記載内容や表現方法が変化すれば、「おや??」って思うでしょうけど、数多くの学生を抱えている担当講師だけに責任があるわけではないと思います。

話はちょと外れてしまいますが、「見る人が見ればわかる」って事は多々あります。
オーストラリア留学で人気のコースの一つ、「通訳コース」では、入学審査の過程でオーストラリアから日本からの出願者に向けてエッセーの提出と電話インタビューがあります。
エッセーと言っても原稿用紙1枚分程度の記載なのですが、学校が指定した時間に出願者宅へファックスかE-mailで課題が送られてきます。その課題を所要時間以内に記載して返信するだけのテストです。
通訳コースの担当者に「カンニング(チート)とか簡単にできるのでは?監視となしなくても大丈夫なの?」と聞いた際に「私たち(通訳コースの講師)は、言葉を使うプロですから見ればわかりますよ」と言われました。その後の電話インタビューで学生が使用するボキャブラリーの幅が分れば、エッセーで使用するボキャブラリーの構成も判断できるそうです。そこに辞書や参考書等からの英文の引用を使ったとしても、文章全体から見ると引用して使った英文だけが異様に感じられて引用だと一発で見抜く事ができるそうです。
仮にカンニングして入学できたとしても、卒業するのは非常に難しいコースなので「自業自得」って事になるとは思いますが・・・。

通訳コースを卒業された方ならば、講座でどれだけ苦労したか?って良くお分かりだと思います。
半端な気持ちでは卒業できませんよ!!

theme : 留学
genre : 海外情報

今年も京都でやります

オーストラリア留学フェアー2008
関西地方では今年も京都の国際会館で開催されます。
昨年は700名以上もの参加者がオーストラリア留学について情報収集などに来訪されました。
そこでお会いした何人かの学生さんが昨年と今年にオーストラリアへ留学へ旅立っていきました。
あれからもう一年・・・、月日の経つのは早いものだと思います。

今年もクィーンズランド州のTAFE(州立専門学校)であるSouthbank Institute of Tachnology(SBIT)の出展ブースに参加させて頂いて、学校の紹介やコースの案内などをさせて頂く事になっています。
SBITは、クィーンズランド州で最大規模を誇る州立専門学校で特に日本人留学生に人気の「通訳」コースを開講している数少ない学校の一つです。その他にもTourismコースやHospitalityコースなど人気コースを数多く取り揃えており、多くのお問合せがあるかと思っています。

しかもSBITに今年から働き出したお馴染みの日本人スタッフさんも来日して日本人ツートップ体制でカウンセリングに挑みますので、お楽しみに!!

theme : 海外留学
genre : 学校・教育

ブログ引っ越しました

mixiからこちらにブログを引っ越しました。
最初、ブログの日記全てを他のブログへ移動させるに、ツールを使ったりブログで使われている言語?が違ったら変換させなければいけないとか・・何だか面倒そうな情報がたくさんあったのですが、このFC2ブログだとmixiの日記データがボタン一つで引越しができたので楽チン楽チン!!
この数日、引越し準備等で更新が滞ってましたけど、無事に移行できたので再開します。

theme : オーストラリア
genre : 海外情報

ベジマイトの美味しい食べ方

ドタバタした大阪珍道中も終わり、後日仕事抜きで大阪の実家へ里帰り。
2歳になる息子の誕生日祝いと検査入院する母親をお見舞い。

実家でノンビリ?とTVを見ていると、関西芸人とタレントさんがオーストラリアへ「美」を求めて旅をすると言う番組がやってました。ブリスベン、ゴールドコースト、ケアンズなど観光地を散策し、オーガニック食品の試食やエステ体験、ワイナリーや高級リゾート地を散策などオーストラリア(QLD州)の魅力がたっぷりと凝縮された番組でした。ご覧になられた方も多かったのでは?(関西地方で)

まぁ、オーストラリアの食を語る時にお約束と言いますか、オーストラリアの食べ物カルチャーショックを与える代名詞とも言える「ベジマイト」を2名の出演者が食した訳だったのですが、まるで罰ゲーム。一口して「ぎゃぁぎゃぁー」騒いでました。

どうしてベジマイトが日本人に敬遠されるのか??と言うと、あの色と臭いなんでしょうね。
真っ黒な色と独特の発酵臭が漂います。
でも、ベジマイトもちゃんとした食べ方をすると大丈夫なものなんです。
初めて食べる人はいつもベジマイトをジャムみたいにパンに「ベッタリ」と塗りたくっていますけどあれは多すぎ。ベジマイトはパンにサラッと塗るだけで充分です。

ベジマイトに合うのがチーズ。美味しい食べ方としては、食パンにサラッと塗ったベジマイト、そして「とろけるチーズ」を置いてオーブンで少し加熱してチーズが溶けた位に食べるのが美味しい食べ方です。ベジマイトの塩辛さがチーズの塩分と上手く調和して、いい感じの味に変化しています。

たまにあの味が懐かしく思ったりするのは・・・中毒なんですかねぇ?

アボリジニと過ごす大阪1日旅(後編)


アボリジニにはその日暮らしの生活で過していた為に貯蓄と言う概念が無く、あるものがあればすぐに使ってしまう習慣があるそうです。それがお金ならばなお更で、いきなり10数万円もの婦人服を買おうとした行動に面食らってしまったのが昨日までのお話。

なんとか掛け付けてくれた内田さんが彼女をなだめて、そして店員さんにお詫びをしてその場から離れたものの、肝心の洋服探しに適当な店を探す為に日曜日の心斎橋商店街へ出て行くことになりました。
彼女達は、翌日に大阪国立美術館にてオーストラリア大使等を招いたレセプション出席に向けて着る服や靴など購入の他に、無地のネクタイやハンカチの上に彼女達がアボリジニアートを描いたプレゼントに使う材料の買い出しです。
そこで私とオーストラリア人達は、別行動で買い物(彼女達が使うアクリル絵の具等の画材)を行う事となり、しばらくは平穏な時間?を過す事となりました。画材屋への案内と通訳は比較的簡単に終えて再び内田さん達と合流。彼女たちは靴屋の中にいました。そして次にまたお買い物です。

そうそう、先日著名なアボリジニアーティストと言いながら紹介していませんでしたが、大阪に現れたグロリア ぺチャラ(Gloria Petyarre)とバーバラ・ウィア(Barbara Weir)のご両名なのです。まぁ、どんだけの人なのか?と言うとhttp://www.aboriginalartstore.com.au/aboriginal-art/のサイトで彼女達の作品が通販で販売されており、View Paintings by Artistから検索して見てみてください。値段みてビックリですよ。

とにかく日曜日の心斎橋は、人人人・・・。人だらけの人ごみの中をあっち行きこっち行きと大阪人の血が入っている私でもかなり疲れます。興味に赴くままに動く彼女達、そしてそれを追いかけて静止する我ら日本人・・・。私と内田さんとの他に2名程ヘルプで付き合って頂いた日本人の方がおりましたので何とか混乱も無く・・・でしたけど、いやはや大変大変。

やっと買い物も終わって宿泊先にタクシーで戻ります。そこで一息つきながらお茶を頂いている間に内田さんの語るアボリジニアートの話やバーバラが「奪われた世代」の当事者だった事、そしてオーストラリア新首相がそれに向けて正式謝罪した話などを聞かされて、目の前にいる「わがままバアチャン」への想いが複雑になったりしました。

で、最後の締めと言う事で、大阪のお好み焼を食べに連れて行きます。
もう、そこではドンチャン騒ぎ!!通訳ヘルプで手伝ってくれた高校の先生や内田さんの知り合いの大学教授、内田さんの書籍出版に関わった出版会社の方、オーストラリア人の友人の方、近所の大阪のオバちゃん達を囲んで大宴会です。
お好み焼の他にアボリジニの口に合わせようと鶏肉バーベキューとか焼き野菜とか用意して貰いましたが、一番彼女達の口に合ったのが「蓮根のバター焼き」だった事にはビックリ。以外に質素なのね??まぁいいや、こっちはこっちで盛り上がってやる!!と彼女たちを除いた日本人&オーストラリア人達は大盛り上がりで楽しい夕食を取る事ができました。で、終電に乗って京都の自宅に帰った直後・・・ぐったりと寝てしまいました。

後日、内田さんからグロリアとバーバラが我々に感謝の気持ちだって事でアボリジニアート(絵画)と作品が描かれたネクタイ2本を贈って頂きました。
貰って良い物なのか??って思いましたけど、感謝の気持ちって言われて受け取らせて頂きました。
家では、したたかな妻が作品の値踏みをしています・・・。

アボリジニと過ごす大阪1日旅(前編)

土曜日に仕事を切り上げて、その足で京都に戻りました。
明日に控えている大阪でのアボリジニの女王様達との対面に備えてです。
本当なら大阪の実家に戻っても良かったのですけど、東京での荷物を抱えて日曜日に帰るのはちょと・・・と思ったので先に荷物を置きに京都に向いました。
新幹線が京都駅に到着すると周りは雪景色。東京では天気が良かったのに。
帰り道の徒歩は雪まみれになりながらも、その日は京都の自宅で休むことにしました。

日曜日の3時半頃に大阪でアボリジニアートコーディネーターの内田真弓さんと待ち合わせって事だったので、少し余裕を持って昼過ぎに大阪に到着する予定で行動開始。ちょと遅めの朝食を取って京阪電車に乗って大阪に向いました。

途中で携帯電話の着信履歴を見てみると留守電メッセージが5件!!
ずっと行動が地下だったので気が付かなかったみたい。車内では携帯が使えないので車内設置の公衆電話ボックスに入って留守電を確認すると、内田さんから「昼に予定していた水陸両用観光バスツアーが天候不良でキャンセルになった」と言うメッセージ。その後何度か連絡してくれていたみたいです。
早速内田さんに連絡を取って今後の予定を聞いてみると、予定を前倒しにして「心斎橋」へ買い物ツアーを敢行したいとの事。どうやら思っていた以上に大阪が寒いらしく、彼女たちの着る洋服が無かったそうで寒さに震えて生活していたそうです。

待ち合わせ場所で内田さんと再会。再会を喜び合う間もなくアボリジニ2名とオーストラリア人2名を連れて地下鉄に乗って心斎橋へ向います。
著名なアボリジニアーティストの日本滞在の写真撮影も兼ねているそうで、地下鉄構内や電車の中で写真をパチパチと撮られています。地下鉄の中での異様な風景、そして乗客の奇異の目がちょと痛かったりします。

心斎橋に到着して、取りあえずは簡単な食事をアレンジ。大丸に入って利用できそうな店を探し回り、なんとか確保。アボリジニ2人とも既にお疲れモードのダルダルそうな雰囲気。今にも寝てしまいそうな感じなので内田さんに聞いてみると「あぁ、いつものことよ。あれで普通だから気にしないで」って・・・。さすが動じていない。(笑)

食事が終わって買い物となったのですが、2人ともバラバラに動いちゃうものだから目が離せません。うち一人のアボリジニが行方不明になってしまい内田さん達と手分して探すことに。
買い物に移動する前に内田さんに言われてました。「彼女たちってお金があったら何でも買おうとするから気をつけてね」って。これはやばいかも・・・。
高級アパレルメーカーが軒を連ねる婦人服の階を一軒一軒みてまわっていたら、Max Maraの店の中に発見。しかも、既に何着かの服を手に持って今にも購入しちゃうそうな雰囲気だから「目が点」になってしまいました。慌てて内田さんを呼んで対処してもらいましたが、総額で10数万円分の服をご購入直前だったとか・・・。

この先どうなるんだろう??。(後編に続く)



中国人留学生増加とアセスメントレベル

オーストラリアでも中国人留学生の数は年々増加の一途。
オーストラリアに留学した中国人留学生の入学者数は2002年から比べると実に倍以上の学生数に膨れ上がっています。
2007年度には、全世界の留学生数の約24%が中国人留学生だと言う数字が出ています。
(台湾・香港は含まれず)実に4人に一人が中国人留学生だと言う事実です。

Year  2002   2003  2004   2005   2006   2007
China 47,690  59,724  70,278  81,429  89,525  106,221
総数  272,714 305,898  323,584 343,898 379,485  450,664
*AEI(Australian Education International)統計データ

■07年の海外留学、15万人超で過去最高に=行き先は多様化―中国■
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=421414&media_id=31

オーストラリアにとっては、中国人留学生は今や最も多く受け入れている、言わば「お得意様」の国ではありますが、学生ビザを申請するに当たってはかなり厳しい条件をつけています。
それがアセスメントレベルと呼ばれている国別のリスク評価で、これまでの統計からどの国籍がビザ条件を遂行する確率の高い(安心できる)か?と言う具合に評価されています。
簡単に言うと、国籍別の信用調査表みたいなものです。

アセスメントレベルは、Lv1(最もリクスが少ない国) から Lv4(最もリスクが高い国)と分類化されています。幸い日本国籍の持つ学生は、オーストラリアにとって最もリスクの少ない国(Lv1)と認められています。
■アセスメントレベル表■
http://www.immi.gov.au/allforms/pdf/1219i.pdf
リスクレベルが高くなると学生ビザ申請の際に提出する書類が多くなり、DIAC(移民局)へ提出する書類も日本人に比べて格段に多くなります。(学歴証明や資金証明、英語力証明など)
日本人(Lv1)の場合は、受け入れ先の教育機関が入学許可を出せば、DIACに学歴証明や資金証明を提出する必要はありません。
またLv4の場合は、語学留学であったとしても学生ビザの申請を行うためにはIELTS5.0以上の英語力を証明しなければいけないと言う条件も伴います。

と言う事は、オーストラリアに渡る中国人留学生は「ある程度英語ができてなければいけない。」と言う事ですので、語学学校に中国人留学生が溢れかえっているって言う訳ではありません。
英語を勉強しに語学留学するのに、IELTSが必要だなんてちょと矛盾している気もしないでもないですが・・・。

移民局からの厳しい条件を課されてまでも中国人留学生数が増加の一途なのですから、中国の豊かさの増大と数の多さには驚くばかりです。
プロフィール

KALEIDO留学サービス

Author:KALEIDO留学サービス
大西 輝彦(KALEIDO留学サービス代表)
(1972年8月31日 大阪生まれ A型)
◆NPO留学協会 関西事務局 代表
◆オーストラリア政府教育情報センター・EATC認定留学カウンセラー
◆RCA海外留学アドバイザー

KALEIDO留学サービス
KALEIDO留学サービス、オーストラリア留学入学手続き無料手配

カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
専門家Webガイド マイベストプロ京都
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
KALEIDO留学サービス
Copyright. All Rights Reserved.
RSSリンクの表示
認定留学カウンセラー資格
オーストラリアEATC認定留学カウンセラー資格
無料留学相談お問い合わせフォーム
無料留学相談フォーム
オーストラリアの携帯電話
オーストラリアで携帯電話なら
留学保険ならAIU
ワーキングホリデーでも使えます
AIU海外留学保険
移民申請代理エージェント
CTS Australlia
留学関連書籍
人気ブログランキング
ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
リンク