FC2ブログ

出会った時から崖っぷち

これまでいろいろな学生さんと出会い、そしてお世話をさせて頂いていました。
総数で言うと軽く1000人以上の方々に留学カウンセリングをした事になりますが、その中でも印象深かった学生さんの思い出を語ってみようかと思います。

彼が相談に訪れた時、「もう駄目かも?」という言葉が頭に過りました。
オーストラリアの大学への進学を目指してファンデーションコースに在籍していたのですが、その後の進学の事を語る前にファンデーションでの成績表を見せて貰うと、見事に落第成績。学校からのレターには「大学入学望みなし」と言った文面が書かれており、復学するか退学するか?の二者選択の決断を迫られていました。

日本で高校を卒業して、オーストラリアの大学を目指す人の多くがファンデーションプログラムを受講しなければなりません。ファンデーションプログラムでは、一般教養に関わる科目を履修して、その成績によって進学する大学と学部が決定します。ほとんどのファンデーションプログラムは、大学付属として運営されている場合が多く、ファンデーションを修了して進学する先は提携先の大学へ行く人が多いのですが、必ずしも当該の大学ではなくても他の大学へ進学する事も可能です。
ただ、ファンデーションの履修科目は、大学進学での専攻に向けて必要な科目だけではなく、一般教養(やりたくもない科目)も同時に履修しなければならない幅の狭さもあり、不自由が多いのが難点とも言われています。
その彼も、「自分が本当にやりたい事」の為に留学を目指したのだけど、「やりたい事」の前に「やりたくもない事」をファンデーションでやらされてしまって挫けてしまった。と言うケースでした。

こう言った場合、無理に復学を薦める事はできません。復学したところで結果は同じ事。だったら違う方法を考えて「彼が目指すゴール」へ導いてあげる事が留学カウンセラーの仕事でもあります。
彼が「本当にやりたい事とは何か??」と言う話からカウンセリングが始まり、いろいろと話を聞いていると「環境学について学びたい」と言う本音を聞く事ができました。「環境学?!今目指している専攻とは違うんじゃない?」と言う返事を皮切りに彼の「環境学を学ぶ事」への熱意の言葉が溢れてきます。ついさっきまで「半泣き」で相談しに来た学生とは明らかに違う目をしていました。

「環境学ねぇ・・・」
環境学はオーストラリアで大学留学を目指す人の中に時々希望を聞く専攻分野でもあります。オーストラリアは資源に恵まれた国でもあり、その保護政策や研究において非常に進んでいる国の一つでもあります。環境学と同時に海洋学なども良く知られており、研究施設も多いのが特徴です。
しかし多くの留学生が誤解している点として、研究施設で勉強をするには「リサーチ」を選ばなければなりません。すなわち「Postgraduateコース」で留学を目指さないといけないと言う事なんです。同様の事として「イルカの生態を学びたい」と希望してオーストラリア留学を目指す人も多いのですが、どの大学にも「Undergraduateレベル」でイルカの勉強をする事はできません。イルカの生態を研究したかったら「大学を卒業してからおいで」って言うしかありません。
その類いの留学希望を寄せて頂く大半は高校生からのお問い合わせが中心で、高校卒業後の進路として「オーストラリアでイルカの勉強をしたい」と希望されるのですが、本人が希望する「イルカの勉強(研究)」へたどり着くには、ファンデーション→大学→大学院までの少なくとも5年以上掛ると説明しなければなりません。まぁ・・その事実を知って諦められる方がほとんどなんです。

さて、その彼から「環境学」を学びたいと希望を伺って、ひとつTAFEで勉強してみたら?と提案してみました。TAFEでも環境学の勉強ができるので、そこで「まず、自分がやりたい事が適正なのかどうか?」を試してみてはどうか?とアドバイスさせて貰ったのですが、コース案内書を見せてあげると「食い入るように」案内書を見ています。「この子、本気だなぁ・・・」って横目で見て確信したので「それじゃ、時間もない(切羽詰まっている)訳だから、親御さんと相談してすぐに返事頂戴」とコースの案内書を彼に手渡して戻って来るのを待っていました。
翌日・・・、彼が晴れ晴れした顔でやってきて、「親の理解を得られた」と言って手配依頼に来られました。もちろん、前の学校の成績が散々だったものですから、入学手配は一筋縄では無かったですが、無事に手配も完了して新学期を迎える事になりました。

新学期を迎えて、しばらくしてから彼が私の元に相談に来ました。
「まぁ(失敗か成功か)、どっちかだなぁ・・・・」と覚悟をして彼に会ってみると、「毎日がとても楽しい!」とお礼を言いたくて尋ねてくれたそうです。2年のコースだったのですが、その後も節目節目で報告に来てくれました。しかも、セメスターの成績表を見せて貰ってビックリ。なんと、全ての科目にHD(優)の文字がずらりと並ぶ成績だったものですから・・・。かつての「落ちこぼれ」は、今では「首席」の成績です。
その後も問題一つ起こすことなく無事に卒業し、かつて目指していた大学の環境学へ編入を無事に果たす事ができました。最後のセメスターの成績を大学に提出した時には単位免除まで貰い、1年分遠回り(ファンデーションでの期間)した借りを返した。って結果になりました。

人って、変わる時は変わるものだ・・・と、つくづく感じさせて貰った学生さんでした。
スポンサーサイト



theme : 海外留学
genre : 学校・教育

利用価値のない現地サポートサービス。『24時間緊急サポートサービス』の実情

現地生活の中で何か問題が発生した時のためにと販売されている現地サポートサービス。その中で「頼りになる」と思われている「24時間緊急サポートサービス」ですが、実際はほとんど利用価値のないものだったりします。

みなさんが、このサービスを利用しようと思う時の状況とはどんな時でしょうか?
・ 交通事故に遭った
・ 空き巣に入られて家財を盗まれた
・ パスポートやクレジットカードを紛失(又は盗難)した
・ 突然の病気や怪我に見舞われた
・ 店の商品やホテル/ホームステイ先の家財を壊してしまった

そう言った際の頼る相手として、「24時間緊急サポートサービス」を利用したいとお考えかと思います。しかし、「24時間緊急サポートサービス」の電話番号(ほとんどが現地アドバイザーの携帯電話番号)に連絡しても、貰えるアドバイスとしては「病院・警察・領事館に連絡して下さい。」と言った子供でもわかるようなアドバイスです。
現地のアドバイザーさんの中には、本人に代わって(病院や警察へ)連絡してくれたり、(病院や警察へ)付き添ってくれる場合もあるかもしれませんが、それはあくまで個人レベル(アドバイザー)の対応です。親切なアドバイザーさんが対応してくれるとは、どこの「留学エージェントのサービス案内資料」には掲載されていません。(随行サービスの場合は別途費用が必要と記載される場合もあります)

実は、そこまでできない理由があるんです。
「24時間緊急サポートサービス」が必要とされる重大事件が発生した場合、現地アドバイザーレベルでは病気や事故の案件に「安易に首を突っ込めない」事情があります。それは、専門的な知識や経験が必要であり、そして「お金」が掛るからなんです。
例えば、「急に体調が悪くなったので救急車を呼んで病院へ行きたいのですが・・」と思って「24時間緊急サポートサービス」に相談したとします。現地アドバイザーさんのお返事は「救急車を呼ぶかどうかは貴方が判断して下さい」と言った答えしかできません。なぜなら、オーストラリアでは救急車を呼ぶためにはお金が掛り(料金は州によって異なりますが、距離で換算されます)、日本みたいに誰でも無料で救急車を呼ぶ事はできないのです。有料の救急車を呼ぶ判断を現地アドバイザーが下す事はできませんし、もし救急車を呼んでもその費用は誰が払うのでしょう?健康保険で保険請求が認められるかどうか?と言う判断は、現地アドバイザーにはできないものです。

現地アドバイザーは、いろいろな問題があった際に誠実に対応してくれますが、本当に必要な局面では「使えない」存在になってしまいます。もちろん、現地アドバイザーは「24時間緊急サポートサービス」ではなく、日中(営業時間内)で「現地サポートセンター」の中で皆さんの日常生活での相談やアドバイスなどに対応してくれる頼りになる存在かと思います。だからこそ、現地サポートの品目の中にある「24時間緊急サポートサービス」は利用する価値のないものと言えます。そんなものにお金を払う意味はあるのでしょうか?

では、どうすればいいの??
「餅は餅屋に任せる」のが一番です。留学やワーキングホリデーでは任意で海外旅行(留学)保険に加入する事をお薦めしています。海外旅行(留学)保険のサービスの中に「年中無休24時間対応のアシスタンスサービス」が含まれている商品をお選び下さい。そのサービスでは24時間日本語で対応し、医療機関の紹介や手配、電話による医療通訳、入院・転院の手配や輸送機関(救急車や医療ヘリコプターなど)の手配、付添い医師&看護師の手配まで、怪我や病気の際の手配など何から何までしてくれます。しかも、保険会社のサービスなので保険担保項目(病院・輸送機関などを利用した場合の治療費や運賃の諸費用の支払い保証)ですのでお金の心配をする必要がありません。
また、損害事故が発生した場合も同様に保険会社側の判断として最適な方法をアドバイス、そして手配を行ってくれる心強いサービスなのです。

留学エージェントの販売している「24時間緊急サポートサービス」が含まれた「現地サポートサービス」(有料)と「海外旅行(留学)保険」を一緒に申し込もうとされている方。無駄なお金を使おうとしていませんか???

theme : 海外留学
genre : 学校・教育

面倒臭い相手

先日、留学エージェントお問い合わせサイトの担当の方にクレームを出しました。
以前にも触れましたが、そのサイトを通じて留学希望者の方の問い合わせ内容や個人情報等が登録している留学エージェントに配信されるサービスです。一回(一人)のお客様の情報は、サイトにも依りますが700円?1000円位の情報提供料金が発生します。
クレームを出すと言う事は、その「サービスを今後も使いたい」と言う気持ちがあってからの事です。サービスの質を向上して頂く為にクライアントとしての声を届けたかったわけです。

クレームをした内容と言うのは、問い合わせをされたお客様のメールアドレスについてです。
お客様が「お問い合わせフォーム」に入力される際に発生するヒューマンエラー(入力間違い)やドメイン拒否設定、迷惑メールなどによってメールが届かない(伝わっていないかも?)と言う問題が多く発生しています。
その問題を改善するのに「どうにかならないものか?」と聞いてみたところ、「メールが使えなかったならば、電話をするなり資料を郵送で送るなどして対応して下さい」と言った趣旨の回答でした。
そこで、私は「何か違うぞ・・・」と思ってクレームをした訳なんです。

そもそも、「留学問い合わせサイト」は留学希望者の情報を売っている訳です。お客様の氏名・住所・連絡先・メールアドレス・希望時期や希望国等と言った情報を販売して利益を得ている訳ですよね?
そのデータを購入するお客(この場合は留学エージェント)にとっては、その全てに「利用価値」が無ければ商品としての価値は損なってしまっている訳です。
私は担当者さんへの便りに、このような例を出して説明してみました。

こう言った例で、この問題を置き換えて頂けるとわかりやすいのでしょうか?
ある食堂で「鴨なんば」を注文しました。すると出てきた「鴨なんば」には「長ネギ」が入っていませんでした。素うどんに鴨肉が乗っているだけです。店主に尋ねると「うちの鴨なんばは、都合によって長ネギを入れる時と入れない時があるんだ。だけど「鴨なんば」には変わらないし、あんた食べたんだからにはお金を払って下さいよ」と言われました。食べたからにはお金を払いますが、再びその店に行こうか?と言う気には二度とないと思います。

私どもが御社に期待するサービスには、完全(正確)で利用可能なお客様データの提供も含まれています。
様々なユーザー情報が提供されますが、そのどれを有効に活用するかは顧客の価値判断に委ねられると思います。ユーザの電話番号が欲しい顧客がいれば、弊社のようにメールアドレスが欲しい顧客もいます。
「鴨なんば」を食べに行って、鴨のだし汁を楽しみにする人もいれば、「鴨なんば」の長ネギが大好きな人もいる訳です。私達は「鴨なんば」には長ネギが入っているものだ。と認識していますが、「鴨なんば」に長ネギがなければならないと決まっている訳ではありません。ただ、顧客の期待を裏切らないサービスを提供するのが「店主」の努めであり、「長ネギ」が無くたって「鴨なんば」って売っているんだからいいだろう?って言う道理には納得できない点もあるのではないでしょうか?


鴨なんばが好きで書いた訳ではなかったのですけど、後で無性に食べたくなってしまいました。(笑)

この問題を完全に防ぐ事は非常に難しいとは思います。でも、情報と言うサービスを販売している会社としては、正確な情報を販売するにおいての姿勢と言う所を見せて頂きたいと思っていました。
「メールアドレスが使えなかったら他の情報を利用してお客様に連絡をしろ」と言う姿勢に疑問を感じた訳なんです。「メールカウンセリング」を主体にしているエージェントにとっては、余計な手間が増えちゃう訳です。
不完全な情報でもお金は発生します。自社のHPの問い合わせフォームに不備があれば自社の問題として納得しますけど、情報をお金で買っている訳ですからその点はきちんとした対応、減額処置や今後の対処方法の(技術的に問題が回避できないか?)提案などをして貰いたいと思っていました。

きっと、先方にとっては面倒臭い相手だと思われている事かと思います。
まぁ、先方の対応を待ってみようかと思っています。

theme : 海外留学
genre : 学校・教育

AIU夏のキャンペーン。クイズに答えてアクオス貰おう!

AIU夏のキャンペーン

AIUでは、海外渡航者が増加するサマーシーズンにおけるAIU海外旅行保険加入増進に向けてキャンペーンを開催します。 応募期間:2008年7月15日?9月30日

クイズに答えて素敵な賞品を手に入れよう!

クイズ  海外旅行保険は○○○
○○○の中に当てはまるアルファベット3文字を考えてご応募ください。下記の素敵な賞品を抽選でプレゼント!!

A賞  シャープアクオス  1名様
I 賞  ニンテンドーDS Lite 5名様
U賞  レート簡単計算機  100名様


さらに応募期間中にご契約、または旅行に出発される方には、Wiiが当たる!
Wii(任天堂)           10名様
トラベラーズプラグセット  100名様 *変圧機能はありません
(オーストラリア電源使えます)

キャンペーン詳細については、下記のURLをご確認ください。(キャンペーン開始後)

AIU夏のワクワクキャンペーン

海外留学保険、海外旅行保険の加入お申し込みはこちらからオンラインお申し込みが可能です。

海外留学保険
海外旅行保険
URLクリック後、AIU保険会社のサイトへジャンプします。

theme : 海外留学
genre : 学校・教育

留学カウンセラーの財産

留学カウンセラーとして数多くの学生さん達のお世話をさせて頂いていましたが、留学が終わってからお便りを頂くのは本当にありがたい事です。かつて留学生だった人が今では日本や世界の第一線で活躍している姿を拝見した時、「この仕事をやっててよかった」と思うひとときでもあります。

先日、「あの学生さん、今どうしているのかな??」と久々に何名かの学生さんに連絡をさせて頂いた所、多くの方からお返事を頂けました。中には十年前にお世話をさせて頂いた学生さんもいたりで、「俺のことなんて忘れてるんじゃいかな?」って思ったりしていたのですが、しっかりと「覚えて」頂いていました。それも嬉しい事です。

ある人は英語教師、ある人はエスティシャン、また、商社で働いている方もいればディズニーランドで働いている方など・・・。留学後の人生はいろいろです。みなさん、留学で得た経験と知識を活かして今の仕事に活かしているご様子です。彼ら、彼女たちにとっては留学で得た経験が「宝」になっているのだと思いますが、私達「留学カウンセラー」にとってはお世話をさせて頂いた方々が「財産」でもあったりします。

「子供が生まれたら、必ずオーストラリア留学させたいです。その時は大西さんにまたお願いしますから、よろしくお願いしますね!」とメッセージを頂いた時には瞼に熱いものを感じました。二世代に渡っての留学のお世話かぁ…、でも、あと何年待たんといかんの??その時まで「留学カウンセラー」やってるのかな??って…(苦笑)
また、当時では言えなかった事とかも「今だから言える」って感じで教えて下さったりしました。学生さんの率直な言葉を聞かせて貰うのは、自らを律する為にも大変重要な事なんだと思います。

「留学先で努力して社会に出て結果を出す」その当たり前と言えそうな事がなかなか上手くいかないのも「留学」の難しい所です。しっかりと目的意識を持って、高いモチベーションを維持させながら留学中の苦難を乗り越えていくのは簡単ではありません。いま、社会で活躍している留学経験者の方々は多かれ少なかれ、留学中に多くの苦難を乗り越えられて来ました。「その方を知る上で「オーストラリア留学」を抜いて語れない。」となれば「オーストラリア留学」の価値や評価も上がりますし、そのお世話をさせて頂いた「留学カウンセラー」の株も上がる事でしょう。
「留学したい人」ばかりの声に耳を傾けるだけではなく、「留学した人」の声も聞く事も大事ですよ。

theme : 海外留学
genre : 学校・教育

留学関連書籍
人気ブログランキング
ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
リンク