FC2ブログ

遊んでみたら凄かった(英語の勉強にもなるかも?)

まぁ、騙されたと思ってこのサイトで遊んでみて。

http://en.akinator.com/

貴方が想像する人物(尊敬する偉人や好きな芸能人、そしてアニメキャラまでも)を見事に当ててくれるサイトです。二次元でも三次元でもOKなんです。

質問事項はすべて英語ですけど、それほど難しくない内容です。
私がやってみたところ、約8割くらいの確率で正解します。
最初の20問位の質問で答えが出なくても、More Questions で質問数を増やしていくと約9割以上の正解率になります。

どんなデータベース使っているんだろう?膨大な資料あるんだろうなぁ。
「まさか当てられないだろう??」って思った人物さえも見事に的中させる所が凄い。

お暇な時にでも遊んでみて下さい。
スポンサーサイト



theme : おすすめ!
genre : その他

これが大阪の味らしい

ずいぶん前なのですが、「県民Show」って番組があって、そこで紹介されていた調味料。
大阪の家庭には「必ずある」と言われている謎の調味料で、言わば幼少の頃に友達の家にあった「人生ゲーム」や「タコ焼き器」と言った具合かな?
と言っても実は、大阪生まれ大阪育ちの私の家には、「人生ゲーム」もなければ「タコ焼き器」もありませんでしたけどね・・・。

TVでは、街頭インタビューに答えた大阪人のほとんど全員の自宅にあって、「旨い」とか「簡単に本格中華料理の味付けに変身する」やら「何に入れてもおいしくなる」とか大絶賛の嵐。

「ほんまかいな?」と思いつつ、TVを見ていたら・・・・。確かに見たことのある缶詰が登場。
京都のうちの近くのスーパーの調味料棚にもありましたよ。「なんだろなぁ??」って思っていたのですけど、「それってそんなに凄いのか?!」

TVを観た後で大阪の実家に立ち寄る時がありまして、その時母にその缶詰の話を聞いてみた処、うちの実家にもないとの事・・・。「なんじゃそりゃ?」って思いながらも、実は母も放送後にスーパーに買いに出かけたものの既に売り切れだったそうで・・・。

10年近くも日本を離れていると、日本を離れている間に様々な流行を知らずのまま過ごしている訳で、「いつの間にそんなの有名になっているの?!」って、浦島太郎状態になるのは常なのです。そんな流行り廃れにいちいち気にする事は無いのですが、こればかりは何故か気になったもので早速購入・・・。

うちの近くのスーパーにありました。うず高く商品が積み上げられている棚に残り2つだったのだから、TVの影響も京都まで及んでいるのかと思いつつ、そのうちの一つを購入。家に持ち帰って早速「観察開始」です。

その缶詰の正体とは、「味覇」(ウェイパァー)と言う調味料。
どうやら、鶏がらスープなどが主体のスープ原料だったらしく、炒め物や煮物、焼き飯やスープなど、何でも混ぜちゃうと瞬く間に「中華風」に変身する調味料なんです。
これが噂の品物です。

真っ赤なボディー。いかにも中華風です。

上から見たらこんな感じ

絵のオジサンが考案者?!インチキ臭い似顔絵だけど、味はインチキではないらしい。

缶を開いてみた

開いてみると、ねっとりペースト状です。
ちょと舐めてみたら、結構味が濃い。薄めて使うのが良いみたいです。
味の印象としては、「うまい棒」を一口食べた時の印象に近いかな?(むっちゃ雑な印象かも)
でも、夕飯にこの「味覇」を使って炒飯を作ってみたら、結構おいしかった。なかなかいけます。
これが大阪の家庭の味かぁ・・・。(笑)

自宅で仕事していると昼食を考えるのが頭痛の種なのですが、このおかげで少しは自炊昼食バリエーションが増えそうな感じ・・・。なんだか貧乏臭い話ですけどね。

「味覇」も美味しい使いかた知っている方、いらしたらお知恵貸して下さい。

theme : 留学
genre : 海外情報

永住権を目指すコースから美容師と調理師が消える?

永住権取得の為に人気のコースだった美容師(Hairdressing)と調理師(Cookery)が、どうやらMigration Occupations in Demand Listから消えるそうです。

Hairdressing cut may leave colleges stranded 『The Age 11/12/2008』

永住権獲得に最も「てっとり早い」方法として選ぶ専攻として「美容師と調理師」は筆頭に挙げられていたのですが、余りにも多くの永住希望者が殺到した(2006年と2008年との間で3倍に増加)事で需要を満たしたとの見解でしょう。しかし、この数年で一気に学生獲得を行っていたTAFEや私立系のビジネスカレッジへの影響は大きいでしょう。

新聞報道では語られていませんが、来年1月より改正が施行されるそうですので現在上記のコースに就学中の留学生への影響を考えるとどうなる事やら・・・。

永住を目的とした留学となると余り日本人には縁がないかもしれませんが、インドや中国、韓国の留学生達には衝撃が走っている事と思います。

theme : オーストラリア
genre : 海外情報

「国費留学生制度」税金の使い方、おかしくないですか?

日本文部科学省、「中国人留学生に期待し歓迎する」

中国であっても何処の国の人であっても、日本に留学をして貰い日本への理解を深めて頂く事は結構な事だと思う。でも、日本政府が進めている方針には疑問を感じざるを得ない。

現在文科省が進めている留学生誘致政策は、税金を使って海外から日本に留学しに「来て頂いている」と言う姿勢に感じられるんですよね。
一体どれ位の税金が留学生誘致に利用されているのか?と言うと、こちらを見て頂けますか?
国費外国人留学生募集詳細
毎年約5000名近い留学生を受け入れ授業料は免除。そして月額最高17万円もの奨学金を支給している。それらが全部税金から支払われてる訳です。

オーストラリア留学の場合、留学生は原則として「学費全額負担」です。留学生が正規授業料を支払い、オーストラリア人には高等教育費用無利子ローン(旧HECS、今ではCommonwealth supported placeと名称が変わったそうです)制度を利用して大学やTAFEで負担が少なく就学する機会を提供しています。
この無利子ローンは、卒業後に就職した後での収入によって支払い金額が変わり、低所得者には支払い負担が少なくなるように調整されるのも特徴です。ローンの徴収も毎年の確定申告時の納税に合わせて行われる為に徴収率も高い点でも評価されています。
所得の低い家庭であっても、経済的な負担を強いること無く学びの機会を提供している訳です。
また、TAFEと呼ばれる州立職業訓練校ではオーストラリア人に向けて州教育予算からの補助金が出されており、比較的安い授業料で就学できるように制度が整えられています。
現地で生活していると「オーストラリア人だけ安く勉強できていいなぁ?」と言った声が留学生から聞かされますが、自国民の教育の為に政府がお金を使うのは当然の事なんだと思います。
実際TAFEの授業料は、留学生が支払う授業料(全額負担)がAU$10000年間だとすれば、その1/3?5程度で学べます。

話がそれてしまいましたが、オーストラリアへの留学生数は日本の文科省が目指している30万人を楽にクリアしており2007年では427万人、2008年の途中経過(4月)でも127万人を超えています。(AEI調査)これらの学生の殆どが「私費留学=全額負担」です。この差とはいったい何でしょう??

留学先として魅力のある所(学校)であれば、お金を出してでも留学をする。と言う単純な発想から考えても、日本留学は圧倒的にオーストラリア留学に数百歩も後れを取っているのは事実。政府の留学生に多額のお金を渡してまで「来て頂いている」現状は、留学を本来の目的として来る以外の弊害もありそうです。国費外国人留学生制度は、少子化の憂いに直面している日本の大学の延命費用として使われているだけではないのか?と言った疑問までも感じたりします。

日本の教育機関(大学)は日本の税金で来て貰う留学生をあてにするのではなく、全額負担でも留学する学生を獲得できる「競争力」を身につける必要があるでしょう。競争力が無い大学は淘汰されて当然なのだと思います。「留学生が全額負担してまで学びたい大学になる」と言った視点で留学生誘致の費用を使うのに専念するべきだと思います。
今の制度は、「お金あげるから留学しに来て下さい」って言っているような感じです。

オーストラリア大学留学だけでの留学生数は、2007年で約186万人、08年4月で約54万人・・・。(AEI調査)
たった39校しかないオーストラリアの大学に日本の数百の大学が完敗している訳です。

税金の使い方、もうちょと考えた方がいいんじゃないでしょうか?

theme : 海外留学
genre : 学校・教育

赤ペン先生が無くなる!?

こんなニュースありました。
Red pen too aggressive for marking, Queensland teachers told 「The Courier Mail 3/12/08」

QLD州の教師たちが採点に赤ペン使うと児童対して精神的な威圧行為と見えるそうなので、他の色(青か黒)を使う方針するように指導が行われたそうです。
QLD州の州議会では、精神学者らによって書かれた児童のメンタルヘルスに関わる有識者からの意見がまとめられた通知がQLD州内の29校分計1000部、合計AU$3000ものコストが費やされていました。その中に「赤ペン使用禁止」の指導が含まれていたそうです。

それに対して野党からは「こんなくだらない通知を出すくらいなら、州別で最も低いQLD州の学力を上げる事に優先すべきだ」と言った批判が上がっているそうです。

赤ペンで採点って、注意を示すにはとてもわかりやすくて良いと思っていたのですが、それが精神的に威圧的に感じさせられる・・と言う考えなんでしょうね?
僕らの世代って「赤ペン先生」で馴染みがあったのですけど、よく考えればオーストラリアの語学学校や専門学校でも確かに先生のコメントや採点って青インクで書かれてたのを思い出しました。確かに赤ペンで採点されてなかったなぁ。どうしてかな?って今頃思ってみたり。

白色のノートに黒色鉛筆で書いたモノトーンの世界に赤色で「花まる」を貰った時って嬉しかったものでしたけどねぇ。

theme : オーストラリア
genre : 海外情報

日本の秋

先週、曇り空の中嵐山へ行ってきました。
久々に人混みの中に入ると・・・うっっ!ってなってしまいます。

秋の京都は行楽シーズン。
「なんでこんなに人がおんの?みんな暇やなぁ?」
と愚痴ったりしながら歩きましたけど、そのうちの一人(暇人)だったりします。

紅葉が綺麗だったので一枚写真を撮りました。嵐山の紅葉

山の木々の色が鮮やかで・・・自然が作り上げた配色がとても美しい。

かつては見たくても見れなかった 日本の風景。今ここで堪能してます。

theme : オーストラリア
genre : 海外情報

留学関連書籍
人気ブログランキング
ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
リンク