FC2ブログ

ノーベル賞と海外留学

昨日ノーベル化学賞を受賞した鈴木氏と根岸氏、このところ沈みがちだった日本に明るい話題を提供して頂きました。
この2人は海外で化学研究留学を行い、79年にノーベル化学賞を受賞したH・Cブラウン氏の教えを受けていたのだそうです。まさに師弟ともにノーベル化学賞を受賞であり、日本人としては両氏を含めてノーベル化学賞受賞者7人目、全分野では18人目となりました。

アメリカで会見した根岸氏の談話にて日本の若者へのメッセージについて問われると、「『若者よ、海外に出よ』と言いたい」と強調し「日本は居心地が良いし、海外の方が優秀とは限らない。しかし、日本を外から見る機会が、これからより重要になる」と述べられていました。
ノーベル賞受賞者の言葉として重みがあり、留学に携わる私達にとって有難く思える言葉です。海外に出て広い視野と経験を積んだ優秀な若者達の輩出に貢献できる仕事であることを再認識させられた瞬間でした。

日本経済新聞の「春秋」(10月7日朝刊)にノーベル賞関連で面白い記事がありました。
▼警視庁型とアマゾン型。物理学者の中谷宇吉郎は、自然科学の研究方法を2つに分類した。目星がついている犯人を追いつめていくのが警視庁型、何がいるかいないかも分からぬ未踏の地に飛び込んでいくのがアマゾン型、というわけだ。
▼「ノーベル賞に日本人」の報に接すると、アマゾンに分け入るあの顔、この顔が思い浮かぶ。「常に目を開いて、注意深く探索をつづけるより外に方法はない。ちょっとでも変わったことがあったなら、それを目ざとく見付けて、対象を追及して行く」と中谷は書いた。そうしたところで空振りの方が多いのだと―。
―――中略――――
▼中谷は、研究の糸口を見つけるのに重要なのは勘であり、それを追及するためには研究に対する愛情が必要だという。なるほど、2人には研究への愛情が満ちている。警視庁型に比べて手間ひまがかかるが、アマゾン型で生きるのも捨てたものじゃない。2人の喜びが若い人への強烈なメッセージになればいい。

留学カウンセラーの立場として、この文章の「研究」を「留学カウンセリング」に置き換えて読んでみると納得します。

留学カウンセリングにおいても警視庁型とアマゾン型に同じく分かれます。
留学カウンセラーの場合、顧客一人一人のケースバイケースで「警視庁型」と「アマゾン型」をうまく使い分けてカウンセリングを行わなければいけません。

申し込みを行う学校を定めてから留学カウンセリングを通じて誘導するのか、顧客の希望に合った学校を探し出して紹介するのか?
手法は留学カウンセラーによって様々ですが、何よりも「愛情」がなければ駄目というのは共通しています。

私の場合は「アマゾン型」で好んで対応しているタイプかな?
しかし、文中にある通り「空振り」も多いのも事実。
確かに顧客からすれば「面倒くさい」ですから…。
でも、捨てたもんじゃない。
そんな中でもジャストミートした時の快感が嬉しくて留学カウンセラーをやっていると言っても過言ではありません。
スポンサーサイト



theme : 海外留学
genre : 学校・教育

メルボルン医療留学セミナー@大阪<2010年秋>

メルボルン医療留学セミナー@大阪<2010年秋>

【セミナー概要】
日本の医療従事者(医師・看護師・助産師・歯科医師・獣医・薬剤師・理学療法士・作業療法士)がオーストラリアの同種資格を取得する為に必要な英語試験OET(Occupational English Test)受験に向けての留学を目指す方々に向けたセミナーです。
当日は、オーストラリアより看護研修留学やOET試験対策留学で実績のあるMelbourne Language Centreのスタッフを招きOET試験対策プログラムや英語プラス看護教育プログラムなど人気の高い医療留学についての説明を行います。
また、具体的な留学プランを組み立てるには英語学習期間の設定が不可欠です。
当日は、希望者に向けて簡易英語力判定試験を実施します。 

【OETとは?】
OETとは、Occupational English Testの略称で、海外の医療有資格者がオーストラリアで各医療資格に書き換えを行う際に求められる英語検定試験です。
IELTSやTOEFLと違い医療従事者向けに試験内容が構成されている為に医療従事者にとっては取り組みやすい英語試験であるのが特徴です。

【人気の留学プログラム】
「海外の医療従事者がオーストラリア医療資格を取得するための試験」だけではなく「英語での患者とのコミュニケーション能力を向上」が望めるOET試験対策プログラム。海外就職、オーストラリア移住、そしてキャリアアップを目指す方などに幅広く注目を浴びています。
また、医師などが臨床留学を目指す方にとってもOET試験対策は大いに役立ちます。
オーストラリアで臨床留学を目指す場合、現地の医療資格取得が必要になりますが、OETは海外医療資格(医師免許)切り替えの際に求められる英語資格です。

その他にも現役看護師の方を対象とした「英語プラス看護教育プログラム」には、医療英語の学習の他に「病院研修」を組み合わせ小児病棟や老人ケア施設訪問、さらにはアロマテラピー体験など、オーストラリアの医療に関するあらゆるジャンルを幅広く体験するプログラムも併せてご案内します。

【日時】 2010/11/04(木) 17:00?21:00
【会場】 大阪センター 大阪市北区梅田3-4-5毎日インテシオ3F
【定員】 28名(定員に達し次第締切)
【URL】 http://www.josho.ac.jp/osakacenter/index.htm
【参加費】 無料 ※完全予約制
【参加方法】下記メールアドレス宛てにご予約お願いします 
info@kaleidowiz.com
・お名前
・ご職業
・携帯電話番号(当日のご連絡先)
・簡易英語力判定試験の受験希望の有無
以上を明記してご予約下さい。
 
★セミナー当日のカリキュラム(予定)
<17:00?18:20> 
簡易英語力判定試験(75分)希望者のみご参加
・リーディング・ライティング試験
*OET試験対策プログラムへの参加には英語力(IELTS5.5点相当)が必要です。
試験結果に基づいてOET試験対策コース参加に向けての留学期間計画をご提案します。
筆記用具は各自ご持参下さい。
 
<18:20?18:30> 休憩
簡易英語力判定試験を受験しない方々の入場

<18:30?19:30>
留学に向けてのご案内 【講演者KALEIDO留学サービス 大西 輝彦】
・オーストラリア留学について
・留学準備の進め方
・メルボルンでの生活
・保険、帰国後就職支援 等
 
<19:30?19:40> 休憩
 
<19:40?20:40> 
学校・コース案内 【講演者Melbourne Language Centre 田中 美樹子】
・Melbourne Language Centreの紹介
・OET留学に関わる近況報告
・OET試験対策コース概要
・英語プラス看護教育プログラム概要
・卒業生の進路実績 など
 
<以降、退出後時間の許すまで> 
・質疑応答
・個別相談
プロフィール

KALEIDO留学サービス

Author:KALEIDO留学サービス
大西 輝彦(KALEIDO留学サービス代表)
(1972年8月31日 大阪生まれ A型)
◆NPO留学協会 関西事務局 代表
◆オーストラリア政府教育情報センター・EATC認定留学カウンセラー
◆RCA海外留学アドバイザー

KALEIDO留学サービス
KALEIDO留学サービス、オーストラリア留学入学手続き無料手配

カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
専門家Webガイド マイベストプロ京都
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
KALEIDO留学サービス
Copyright. All Rights Reserved.
RSSリンクの表示
認定留学カウンセラー資格
オーストラリアEATC認定留学カウンセラー資格
無料留学相談お問い合わせフォーム
無料留学相談フォーム
オーストラリアの携帯電話
オーストラリアで携帯電話なら
留学保険ならAIU
ワーキングホリデーでも使えます
AIU海外留学保険
移民申請代理エージェント
CTS Australlia
留学関連書籍
人気ブログランキング
ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
リンク