スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリア留学の統計データ

年末を迎えるにあたって、業界の方々と連絡を取る機会も多くなりました。
一年お世話になったお礼や近況報告などの話から始まって「今年はどうでしたか?」「業界の景気はどうですか?」などと毎回話題となります。

少子化に伴っての減少は明らかですし、就職難や不景気などの要因がこの数年長らく続いているので留学生数の減少は着実に進んでいます。
お蔭様で弊社の業績は好調なので悲観視する事はないのですが、それも小規模でやっているからこそ負担が少ないのであって、大規模な経営をしている留学エージェントにはジワジワと響いているようです。

ここで近年の留学傾向について、オーストラリア留学に焦点を向けて少し説明してみたいと思います。
オーストラリア政府国際教育機構(Australia Education International)が作成している統計のデータがあります。やや資料は古いですが、オーストラリアへ留学をする国別での統計にあり日本人の留学生の動向を知るうえでとても興味深い資料となっています。(2009年7月期の統計)
http://aei.gov.au/AEI/PublicationsAndResearch/MarketDataSnapshots/Default.htm

AEI Market Data Snap Shot Japan

このデータでは、日本人の留学生の人数が減少しているのを示すだけではなく留学が短期化してきていることも表しています。
棒グラフにあるとおりオーストラリアへ留学をする人数は年々減少しています。上記の棒グラフは学生ビザ(10週間以上?)を取得された学生数の推移であり、その他のビザで渡航されて留学生数は反映されていません。

オーストラリア語学学校(ELICOS)への学生ビザ発給数では日本は2009年度は世界第6位より下落して9位になりましたが、ビザ種別を問わない語学留学者総数で言えば世界第3位を維持し続けており、アジア圏からの留学生全体の15%を占めています。(上位2国は中国と韓国)。
10週間以上の受講をする学生ビザでの留学生が著しく減少しているのに比べ語学留学生の数全体が大きく減少していないという事は、留学の短期化が進んでいるという根拠になるかと思います。
それらの中には観光ビザでの語学留学やワーキングホリデービザでの語学留学での生徒数が含まれています。

<参照資料>
English Australia
http://www.englishaustralia.com.au/index.cgi?E=hsvalidator&template=elicos_stats&PT=dd&Lev1=pub_stat07&Lev2=es_elcs07
English Australia Survey Asia Pacific

留学の短期化の理由として留学の多様化が進んでいることも挙げられます。
近年では短期留学や体験型&交流型留学と言った語学学習を交えた留学の多様性が広がっています。(ホームステイプログラムやボランティアプログラム、ゴルフやサーフィン、乗馬と言った「語学+α」の留学など)
留学の多様化によって娯楽や趣味に乗じた内容でも「留学」と呼ばれるようになり、留学と観光との境が限りなく近づいている傾向もあります。

また弊社が京都にあるので最近の大学生の動向にも関わりますが、大学在学中に長期留学を目指す学生の減少も顕著となっています。これまで大学生が留学を目指す場合3回生の時期に1年ほど休学をして長期留学を目指すケースが多かったのですが、不況に伴う就職難の影響から就職活動の前倒しによって3回生から就職活動を行わなければいけなくなった原因もあります。その代わりに夏休みや春休みなどの学期休暇中を利用して留学希望を満たしている傾向もあるようです。

しかしながら、語学留学者数だけではなく他の分野(大学留学やVET=専門留学)に目を向けてみると、それらの分野の留学整数も年々減少は続いていますが語学留学(ELICOS)の減少に比べるとHigher Education(大学)やVET(専門学校)の減少は穏やかです。
大学や専門学校への留学を目指す場合あらかじめ進学の前に中長期の語学学習が伴っている場合が多いので、語学留学の留学生減少は、単独での語学留学者数減少を反映しているように思えます。
その点で語学留学だけを扱う留学エージェントにとっては近年の動向は痛手なのかもしれませんね。
スポンサーサイト

theme : 海外留学
genre : 学校・教育

セミナーに参加された方々の感想

先月に開催されました「メルボルン医療留学セミナー@大阪<2010年秋>」に出席された方々より頂きましたセミナーの感想やご意見です。
平日の夕方からの開催にも関わらず、京都や和歌山と言った遠方からも足をお運び頂きました。

セミナーでは、メルボルン留学についての説明から医療英語コース、OET試験対策コースの説明、そして海外の医療免許取得についての説明などを真剣な眼差しで聞いておられ、参加者の方々の関心の高さを伺う事ができました。

下記に頂きましたご感想でも何名かの方が言及されておりますが、医療従事者向けの全般的な案内が多く、特定の職種だけに絞ってご案内ができなかった点を今後改善できるように検討します。



参加者の感想やご意見


Rさん (医師)

・セミナーでの感想をお聞かせください
 オーストラリアでの医師登録へのシステムがよく分からず思い悩んでいたが、実際の話を伺うことができ現実味が増した。

・セミナーで良かったと思える点
 メルボルンと言う街の良さが伝わってきた

・セミナーで改善した方が良いと思う点
 記載なし

・留学動機は何ですか?
 国際学会への参加を契機に自分の専門分野においても英語の必要性を再認識したから



Fさん(医師)

・セミナーでの感想をお聞かせください
 OETの試験内容やアプライ方法など試験についてもっと知りたかった
 医療関係の免許について、どの試験を受けるとオーストラリアで働けるようになるのか?のシステムについて
 オーストラリアでどれ位の日本人が医療に従事しているのか?医師の割合などをもっと知りたい
 
・セミナーで良かったと思える点
 簡易英語力試験を受験できたこと

・セミナーで改善した方が良いと思う点
 記載なし

・留学動機は何ですか?
 オーストラリアで臨床経験を積みたい



Mさん(医師)

・セミナーでの感想をお聞かせください
 素晴らしい内容でありがとうございました。

・セミナーで良かったと思える点
 素晴らしい内容でありがとうございました。

・セミナーで改善した方が良いと思う点
 もう少し遅くはじめて頂くとありがたいですが…

・留学動機は何ですか?
 手術機会を求めて



Sさん (保健師)

・セミナーでの感想をお聞かせください
 オーストラリアで働いてみたいが、そこまでの方法や必要なことなど不安なことが多く参加しました。とてもわかりやすく、いろいろな情報が得られました。

・セミナーで良かったと思える点
 簡易テストがあり、英語のレベルも含めてプランを考えられる。

・セミナーで改善した方が良いと思う点
 特になし

・留学動機は何ですか?
 オーストラリアで看護師として働く事



Hさん(看護師)

・セミナーでの感想をお聞かせください
 具体的なメルボルンでの生活内容が聞けて良かった。
 学校のクラス構成をくわしく聞けてよかった。

・セミナーで良かったと思える点
 記載なし

・セミナーで改善した方が良いと思う点
 記載なし

・留学動機は何ですか?
 オーストラリアの医療事情を知りたい



Aさん(看護師)

・セミナーでの感想をお聞かせください
 7月のオーストラリアの看護協会の変更内容が聞けて良かった。
 オーストラリアの雰囲気が分かり易かった。

・セミナーで良かったと思える点
 オーストラリアでの生活・実際留学のイメージがつき易かった。

・セミナーで改善した方が良いと思う点
 職種の統一

・留学動機は何ですか?
 記載なし
プロフィール

KALEIDO留学サービス

Author:KALEIDO留学サービス
大西 輝彦(KALEIDO留学サービス代表)
(1972年8月31日 大阪生まれ A型)
◆NPO留学協会 関西事務局 副代表
◆オーストラリア政府教育情報センター・EATC認定留学カウンセラー
◆RCA海外留学アドバイザー

KALEIDO留学サービス
KALEIDO留学サービス、オーストラリア留学入学手続き無料手配

カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
専門家Webガイド マイベストプロ京都
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
KALEIDO留学サービス
Copyright. All Rights Reserved.
RSSリンクの表示
認定留学カウンセラー資格
オーストラリアEATC認定留学カウンセラー資格
無料留学相談お問い合わせフォーム
無料留学相談フォーム
円送金で留学資金を損させない!!
お得な円送金
オーストラリアの携帯電話
オーストラリアで携帯電話なら
留学保険ならAIU
ワーキングホリデーでも使えます
AIU海外留学保険
移民申請代理エージェント
CTS Australlia
人気ブログランキング
ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。