FC2ブログ

GEOS オーストラリア グループ全校 閉鎖 (8) 日本法人の対応

ジオス日本法人のHPに「ご迷惑をお掛けしました皆様へのお知らせ」が掲載されていました。

ジオス オーストラリア法人の学校に、平成22年2月1日以降のご契約をお持ちで、且つ申込日が1月29日以前の方(ご本人様に限ります)に向けて、日本国内のジオス校で『6か月分の英語レッスン』を無料受講が提供されたそうです。

余りにもザックリとした救済処置なので正直驚きました。

・日本人以外の被害者への対応は?(ジオスブランドを信じた他国の留学生もいる事でしょう)
・既に渡航済みの留学生(ホームステイや出迎えサービスを既に終えた人)と渡航前でそれらの費用分の損害を受けた方達と同じで良いのか?
・受講期間の差異に関わらず、一律で「6か月分」を無料提供するのか?

不幸中の幸いではあるが、在校生や渡航前の留学生の授業料はオーストラリア政府機関の代替え校手配にて被害を免れた結果となりましたが、授業料範囲外で被った損失については、在校生と渡航前の方とは大きく異なると思います。

その点の状況把握をジオスにて行われているのかどうか?疑問が残ります。
関連記事
スポンサーサイト



theme : 海外留学
genre : 学校・教育

comment

Secret

留学関連書籍
人気ブログランキング
ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
リンク