スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリア 通訳 翻訳 留学のまとめ

先日加筆修正しましたKALEIDO留学サービスのオーストラリア通訳・翻訳留学ページに掲載している内容を転載します。

英語を駆使したスペシャリストの代名詞。
多分化社会を形成するには欠かせない職業として人気が高いコースです。

英語のスキルアップの決定版とも言える人気講座。通訳・翻訳を行うのに必要とされるスキルや専門分野で必要とされる語彙を中心に学び、オーストラリアの通訳・翻訳資格NAATI(National Accreditation Authority for Translators&Interpreters)取得を目指します。

通訳・翻訳資格は、「準プロレベル」から「上級プロレベル」まで4つのレベルに別れていますが、「準プロレベル」と言っても難易度は高くかなりの勉強量を求められます。

講座では、通訳士・翻訳者として求められる倫理や道徳観、専門用語(政治・経済・医療・教育・福祉・不動産・スポーツなど)、そしてメモ取りや記録方法などを学び、通訳士・翻訳者になるためのテクニックを広範囲に身に付けます。

日英ネイティブのバイリンガル教師陣(現役の通訳士・翻訳者やNAATIプロフェッショナル資格保持者)からは教科書に基づいた指導ばかりではなく、プロとして仕事に携わった体験談などを交えた具体的なアドバイスや心構えなどが語られる機会もあります。

■卒業後の進路
 グローバル企業、公共団体、国際会議通訳者、法廷通訳者、医療通訳者、実務(産業、ビジネス、技術)、翻訳者など
*オーストラリア国内で通訳・翻訳者として働くには通常NAATI「プロレベル」以上の資格が必要になります。

「英語できるといいますか?通訳/翻訳 できるといいますか?
国際化社会となった今、あらゆる場面で「言語」スキルが求められ、円滑で正確なコミュニケーションを図る目的で「通訳/翻訳」ができる人材が求められています。「通訳・翻訳コース」は単なる英語学習の域を超えて、専門的で信頼度の高い英語スキルを学ぶだけではなく、日本語能力やそれぞれの文化や風習についての知識を身につけます。

通訳者・翻訳者を目指す方だけではなく、英語に関わる資格取得を目指す方や本来持っているキャリア(看護師・秘書・ガイド‥)にワンランク上のスキルを加えてキャリアアップを目指す方まで、幅広い方々から人気のあるコースです。

今や「英語ができる」と言うのは珍しくなくなりました。「正確」で「信頼度の高い」英語を使いこなす代名詞とも言える「通訳・翻訳」の資格は、「自己PR」に使うには他にない程有効な資格と言えるでしょう。


■オーストラリアで通訳・翻訳を学ぶ利点
オーストラリアは多民族国家として、英語以外を母国語とする人が生活しています。また、観光や産業の中でも通訳・翻訳の需要が高く、通訳・翻訳分野の教育が充実しているのも特徴です。

通訳・翻訳コースについてのFAQ
Q. NAATI資格とは何ですか?

NAATI(National Accreditation Authority for Translators and Interpreters)とはオーストラリアの通訳・翻訳資格認定機関です。
NAATIは実質上、オーストラリアの国家資格として認められており、公共サービスやビジネス、政府機関など幅広く活用されている資格です。
NAATI資格を得るには、専門学校や大学でのNAATI 認定コースを受講し、卒業試験に合格しなければいけません。

NAATI認定資格は通訳・翻訳でそれぞれ4レベルに分かれており、通訳は日常会話レベルの通訳ができる「準プロレベル」(Para Professional)から、専門性の高い会話や発表の逐次通訳ができる「プロレベル」(Professional)、国際会議などで高度な逐次・同時通訳ができる「会議通訳」(Conference)、最上級通訳資格の「会議通訳・シニア」(Senior)。

翻訳は専門性の低い基本的な翻訳ができる「準プロレベル」、科学や商業などの分野で一般的な内容の文書の翻訳が可能な「プロレベル」、法律文書など専門性の高い文書の翻訳ができる「上級翻訳者」(Advanced)、豊富な翻訳・指導経験を持つ「上級翻訳者シニア」となります。
2010年度以降 NAATI認定通訳・翻訳コース一覧

Q. NAATI資格は日本で使えますか?

A. オーストラリアの国家(認定)資格ですので、日本でオーストラリアに関連する業務に携わる場合NAATI資格が最大の信頼を得られています。
オーストラリア政府機関などへ提出する翻訳文書などはNAATI翻訳資格者の翻訳が求められる場合があります。

日本で通訳・翻訳のキャリアを活用するには充分ですが、NAATI資格の他にも日本には下記の通訳・翻訳資格認可団体がございます。
NAATIを日本の通訳・翻訳資格(国家資格&民間資格)への切り替えや試験免除認定等については、各団体にお問い合わせ下さい。

【通訳案内士国家試験】
【ビジネス通訳検定】
【JTF<ほんやく検定>】
【JTA公認翻訳専門職資格試験】
【知的財産翻訳検定】
【翻訳実務検定 TQE】
【ソフトウェア翻訳士認定試験】

Q. 特定の職種に向けた通訳・翻訳コースはありませんか?

A. 通訳・翻訳コースは、特定の職種(医療・福祉・ビジネスなど)の分野の学習も含まれますが、プロとしてあらゆる専門性に対応できるように広範囲に渡る分野を含めた学習を行います。
NAATI資格を取得された後で各自の専門性や得意分野として特定の職種に向けた通訳・翻訳の業務を行うことは自由です。

Q. 日本や他国で開講している「通訳・翻訳」短期プログラムと何が違いますか?

A. 日本や他国にも通訳・翻訳講座がありますが、大きく分けると以下の点での違いがあります。

フルタイムでの授業である事
 毎日集中的に通訳・翻訳に向けたトレーニングを行います。また、実践的なカリキュラムが組まれていますので、毎日の訓練を通じて通訳・翻訳の精度を向上させることにも秀でています。

英語力が必要な事
 日本で開講されている一部の講座には高い英語力が問われなくても参加できるのもあり、それらの多くは「日本語」のみで通訳・翻訳 育成のプログラムが提供されているようです。手軽な半面「英語力を基」とした理解度と熟練度の向上には大きな隔たりがあります。

国家資格に値する厳しいカリキュラムに基づいている事
 NAATI資格と言う世界的な知名度もあるオーストラリアの国家資格に批准しています。この資格は民間資格(認定証)とは一線を画しています。

留学を通じて、英語環境&異文化生活を体験できる点
 留学経験を通じて得るバランス性やコミュニケーション能力は、通訳・翻訳を学ぶ上でも不可欠です。

資格とともに学位も得られる点
 Diplomaコースを卒業すると、NAATI資格の他に日本での専門士学位(準学士号)相当の学位を得る事ができます。また、その後もMaster(修士号)などの高位学位へ挑戦する事も可能で、履歴書を飾る大きなポイントになります。

Q. 翻訳の勉強をPara Professionalレベルからやりたいのですが・・・

A. 翻訳でNAATI資格を得るにはProfessionalレベルからの学習となりますが、Adelaide TAFEにて開講されているDiploma of Interpreting &Translationコースにて翻訳でのPara Professionalレベルの学習が可能です。しかし、翻訳はNAATI認可を得ていません。(通訳は認可)

Q. Diplomaコースに入る為の英語力はどれくらい必要ですか?

A. 通訳・翻訳という高い英語力が必要なコースですので、一般のコースと違い比較的高い入学条件が求められています。

Diplomaコース最低入学基準
IELTS - 6.0+ (no band less than 5.5)
TOEFL - Paper Based = 550+ (TWE 4.0+)
TOEFL - Computer Based = 213+ (TWE 4.0+)
TOEFL - Internet Based (iBT) = overall score 79, minimum 19 in all sections

Q. 通訳・翻訳コースではどんな勉強をするのですか?

A. 通訳者や翻訳者になるためのスキルを身につけるのを目的とした学習を行います。
各産業での専門用語の学習(政治・経済・医療・福祉・教育・法律・文化など)や通訳者や翻訳者として働くにおいて必要な道徳や倫理、法律などを学びます。
そして、クラスではNAATI有資格者の講師(日本人やオーストラリア人)によって、実践的な講義が行われます。

Q. 通訳・翻訳コースを学べば、英語力は伸びるでしょうか?

A. 英語力を伸ばす目的だけならば、語学学校で英語を学ばれることをお勧めします。
通訳・翻訳コースは、すでに英語学習が完成している人向けのコースで「英語を学ぶ」のではなく、「通訳・翻訳の勉強をする」為に参加している人ばかりです。

通訳・翻訳コースでも「英語学習」の機会はありますが、それは「専門用語」「特殊用語」等の語彙力を増やす目的であり、英文法の学習や発音矯正と言った語学学校で学ぶのと同等の学習はありません。

Q. 通訳・翻訳コースのクラス構成を教えてください。日本人ばかりじゃないかと心配です。

A. ひとクラス約10~15名程度のクラス構成で、ほとんどが日本人留学生や日系人で占められています。オーストラリア人学生の参加もありますが稀です。前述しましたが、通訳・翻訳コースは通訳者や翻訳者を目指す人向けの講座です。

語学学校ではありませんので、クラスの日本人数が多いからと言って「日本人が多いと学習の妨げになる」「日本人同士で英語を話すのが嫌」と言った不安なレベルを乗り越えた英語力をお持ちの方のためのコースだとお考え下さい。

Q. 入学の際にエントランステストがあると聞いたのですが・・・?

A. 各学校が定める入学基準(年齢審査、学歴審査、英語力審査)を満たした後で「適性審査」が行われます。それがエントランステストと呼ばれている試験で、通訳・翻訳コースの講座についていけるかどうか?の審査を行います。

通常は筆記試験(エッセイ作成)とインタビュー(面接)が行われ、TOEFLやIELTSなどの英語試験では測り切れない(英語+日本語)表現能力やコミュニケーション能力を審査します。
海外からの出願の場合は、筆記試験と電話インタビューが行われます。(各教育機関によって審査方法は異なります)

Q. 通訳と翻訳の両方を一度に勉強するのですか?

A. 多くの学校では通訳と翻訳を同時に勉強するコースが開講されていますが、通訳だけに限定して学ぶことができるコースもあります。(Diplomaプログラムは通訳のみ)

確かに通訳と翻訳は同じように見えて性格は異なるものです。例えれば、通訳は短距離ランナー(反射神経や瞬時の判断力が求められる)であり、翻訳は長距離&マラソンランナー(計画的なペース配分や持続力が求められる)とも言えます。ご自身の適正を判断してコースを選ぶと良いと思います。

ちなみに、通訳の場合は単科目(通訳のみ)ですが、翻訳の場合は「日本語→英語翻訳」と「英語→日本語翻訳」2つの科目に分類されますので、通訳・翻訳を同時に学ぶ場合は3科目学ぶ必要があるとご理解してください。

Q. NAATI試験に合格しなければ卒業できないと聞いたのですが・・・。

A. NAATI資格認可コースの場合、最終目的がNAATI資格取得であるために「NAATI資格試験に合格しなければ卒業できない」と条件を出しているコースがほとんどです。

しかし、一部の講座やNAATI認可プログラムでない講座では、NAATI資格の合否に関わらず学位を授与する所もありますので各学校のアセスメント記載事項をよく読んで検討してください。

Q. 通訳・翻訳の勉強できる学校がたくさんありますが、どこが一番いいですか?

A. どこの学校もレベルが高いので、甲乙つけ難いのが本音です。
オーストラリア国内で好きな場所(都市)で決めて頂いても良いですし、授業料の差で決めてもいいかもしれません。

また、期間や条件(取得NAATI資格の種類)も学校別で若干違いがありますので、それらをよく見比べてご自身の予定(希望)に合った学校を選んで頂ければと思います。

Q. 他にも通訳・翻訳ができる学校を見つけたのですが・・・

A. 代表的な学校として紹介した学校のほかにも通訳・翻訳が学べる学校はいくつかあります。
しかし、以下の2つの条件を満たしているか?を確認してください。

1.CRICOSコードを取得している学校のコースか?
  CRICOSコードが無い学校では、学生ビザの取得ができません。
2.英語の対訳になる言語LOTE(Language Other Than English)に「日本語」が含まれている講座か?

以上の点を確認して留学先の学校を選定して下さい。

Q. NAATI資格を取得すると永住権を取得しやすいと聞きました

A. 2011年7月の移民法改正により、これまでの職業ポイント(Skill Point)が廃止となり、第二言語ポイントの加点対象がNAATI資格取得者(NAATIプロレベル以上)のみに限定される事となりました。(参照情報:CTS Australia Pty Ltd)
上記の変更により、NAATI資格への関心がこれまで以上に高くなると考えられます。

「NAATI資格を取得する事で永住権が取得しやすくなる」とは一概には言えませんが、日本で大学を卒業しており、留学時で25歳~30歳未満、そしてIELTS 7 in all bandsを取得できた場合、新法での申請条件に照らし合わせてみると以下のような点数が見込めるようです。(パスマーク65ポイント)

年齢ポイント:30
英語ポイント:10
学士ポイント:15
NAATIポイント:5
留学ポイント:5
合計 65ポイント

また、36歳未満の場合でも、暫定ビザでの就労(1年以上)や過疎地留学などでポイントを加点できるのであれば、永住権申請可能な点数を見込めるようです。
永住・移民については、移民代理人など有資格者にご相談ください。



通訳・翻訳留学の人気校

RMIT大学(メルボルン)

オーストラリアで通訳留学を目指す教育機関として代表的な学校が、メルボルンにあるRMIT大学です。
また、NAATI資格取得に向けてお薦めの学校の一つです。
KALEIDO留学サービスは、日本におけるRMIT大学の正規エージェントとして認定を受けています。
RMIT大学 正規代理店リスト *国名をJapanとして検索して下さい。


RMIT大学は市内にキャンパスを構えた総合教育機関で「世界の大学ランキング」にでも高い評価を得たオーストラリア国内でも屈指の教育機関です。
RMITが提供する通訳・翻訳コースは、半年のDiploma(通訳)と1年のAdvanced Diploma(通訳翻訳)、そして2年のMaster(通訳翻訳)に別れています。

また、Advanced Diploma(通訳翻訳)を修了した後でBachelor of International Studeis(3年)へ1.5年分の単位変換を行って編入が可能で通訳・翻訳留学を活かして学士号を取得する事も可能となります。


通訳・翻訳留学を目指される場合、まずは半年間のDiplomaで通訳としての基礎的な技能習得を行い、NAATI Para Professional取得を目指し、その後1年のAdvanced Diplomaコースで高度な通訳・翻訳技能の習得とNAATI Professional資格の取得を目指します。なお、これらのコースはRMIT大学のTAFEプログラムに属します。


RMIT大学で開講されている通訳・翻訳コース

RMIT大学では、TAFEと大学、そして大学院の3つの学位レベルで通訳・翻訳コースが提供されています。

Diploma of Interpreting
期間: 6ヶ月
入学時期: 2月/7月
英語力(下記のいずれかを満たす):
IELTS - 6.0+ (no band less than 5.5)
TOEFL - Paper-Based = 550+ (TWE 4.0+)
TOEFL - Computer-Based = 213+ (TWE 4.0+)
TOEFL - Internet-Based (iBT) = overall score 79, minimum 19 in all sections
REW - English for Academic Purposes Advanced Level 1

通訳留学の登竜門とも言われており、翻訳留学を目指される方にとっても次のAdvanced Diplomaに進学するにおいても不可欠なコースです。
NAATI Para Professionalレベルの資格取得を目指し、コミュニケーション通訳としての技能と知識を習得します。毎回多くの日本人留学生がチャレンジしている人気プログラムです。

Advanced Diploma of Translating and Interpreting
期間: 1年
入学時期: 2月/7月
英語力(下記のいずれかを満たす):
IELTS - 6.5+ (no band less than 6.0)
TOEFL - Paper-Based = 580+ (TWE 4.5+)
TOEFL - Computer-Based = 237+ (TWE 4.5+)
TOEFL - Internet-Based (iBT) = overall score of 92, minimum 20 in all sections
REW - English for Academic Purposes Advanced Level 2

Diploma of Interpretingコースを修了した人、またはNAATI Para Professional資格を持っている方などがProfessionalレベル資格取得を目指すコース。通訳と翻訳の両方の技能習得を行いますが、実際に行われるのは通訳、翻訳(日→英)、翻訳(英→日)の3科目を1年間で学びます。

International Studies - Bachelor of Arts
期間: 3年
入学時期: 2月/7月
英語力(下記のいずれかを満たす):
IELTS - 6.5+ (no band less than 6.0)
TOEFL - Paper-Based = 580+ (TWE 4.5+)
TOEFL - Computer-Based = 237+ (TWE 4.5+)
REW - English for Academic Purposes Advanced 1 & 2

国際関係や国際事情などに精通した人材育成を目指すプログラムで国際機関や海外支援事業、NGO、外資系企業等での就職を目指す人に最適です。
Diploma(通訳)コースを修了後に編入する場合は約半年分の単位免除、Advanced Diploma(通訳翻訳)を修了後に編入する場合は1.5年分の単位免除(上限)が認められており、短期間で英語力を活かした学士号取得を目指す上でも非常に魅力的な進学過程となります。
*高校卒の留学生がオーストラリアの大学に進学する場合、通常1年間のFoundationコース(大学進学準備コース)を受講する必要がありますが、上記の過程を経る事でFoundationコース受講を回避でき経済的にもキャリア的にも効率が良いです。

Master of Social Science (Translating and Interpreting Studies)
期間: 1.5年
Graduate Certificate (0.5年)
Graduate Diploma(1年)
入学時期: 2月/7月
英語力(下記のいずれかを満たす):
IELTS - 6.5+ (no band less than 6.0)
TOEFL - Paper-Based = 580+ (TWE 4.5+)
TOEFL - Computer-Based = 237+ (TWE 4.5+)
REW - English for Academic Purposes Advanced 1 & 2

国際関連の専門家として、国際企業や大使館(領事館)、メディア関連での活躍を目指す人に向けて提供されています。卒業生の就職先として、日系では三菱、オーストラリア大使館、イギリス公館や他国の大使館、ラジオ局、通訳・翻訳業などの実績があります。
また、Advanced Diplomaの通訳翻訳コースにてNAATI資格(プロレベル)を取得していれば、Graduate Diploma(Translating and Interpreting Studies) 1年コースから6ヶ月分の単位を免除が可能ですので、実質1年でMasterコースを卒業する事が可能です。

その他の詳細やお問い合わせなどは「お問い合わせメールフォーム」よりお寄せください。
関連記事
スポンサーサイト

theme : 海外留学
genre : 学校・教育

comment

Secret

プロフィール

KALEIDO留学サービス

Author:KALEIDO留学サービス
大西 輝彦(KALEIDO留学サービス代表)
(1972年8月31日 大阪生まれ A型)
◆NPO留学協会 関西事務局 副代表
◆オーストラリア政府教育情報センター・EATC認定留学カウンセラー
◆RCA海外留学アドバイザー

KALEIDO留学サービス
KALEIDO留学サービス、オーストラリア留学入学手続き無料手配

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
専門家Webガイド マイベストプロ京都
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
KALEIDO留学サービス
Copyright. All Rights Reserved.
RSSリンクの表示
認定留学カウンセラー資格
オーストラリアEATC認定留学カウンセラー資格
無料留学相談お問い合わせフォーム
無料留学相談フォーム
円送金で留学資金を損させない!!
お得な円送金
オーストラリアの携帯電話
オーストラリアで携帯電話なら
留学保険ならAIU
ワーキングホリデーでも使えます
AIU海外留学保険
移民申請代理エージェント
CTS Australlia
人気ブログランキング
ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。