スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胸部外科学会で留学を・・・

約1年…。構想と準備を重ねて迎える日が、いよいよやってきます。
10月9日~12日まで名古屋国際会議場で開催されます学会です。

「なぜ医師の学会に留学が…?」と思われる方も多いでしょう?

看護師の留学を取り扱う留学エージェントは数ありますが、
医師の留学を扱う留学エージェントは多くありません。
と言ってもほとんど見かけません。

もちろん、医師の留学を扱うには「難解だ」「面倒そうだ」「情報が少ない」
と言った問題もあって、留学エージェントから発せられる情報が少ないといった
理由もあるからだと思います。

そこに果敢に挑み、新しい市場の開拓を目指して…。
明後日から名古屋に乗り込みます!

第64回 日本胸部外科学会定期学術集会

これまでに医師の臨床留学の手配を行った際に得た経験などから
数多くのノウハウを学ばせて頂き、
「これはいける!」と確信して動き始めたのが約一年前の事です。
その間に臨床留学を行われた先生方やこれから行かれる先生方などとも
お話を聞かせて頂いて、潜在的な医師の海外臨床留学への関心の高さを
身を以て感じていました。

海外で臨床留学を目指されている外科医の先生は、
看護師ほどではありませんが確実に居られます。
何人かの先生とお会いしましたが、皆さん口を揃えて仰ります。
「情報がないんだ」と…。

特にオーストラリアでの臨床留学を目指して私に辿り着いた先生の場合、
本当にお調べになられている方ばかりです。
だって、私っていう存在を知って頂けるだけのリサーチ力をお持ちなのですから!
でも、それはあくまでも先生方に見つけて頂けた幸運だけでしかありません。

「それならば、こちらから出向いてやろう!」(ちょっと偉そうですが…)

と思い、どうすれば「臨床留学を考えている先生方と出会えるか?」を考えていた矢先に
メルボルンで懇意にして頂いていた心臓外科医の先生に相談させて頂いたところ
「学会に出展すれば?」と言ったアイディアを頂戴しました。

胸部外科学会の開催中には日本中の胸部外科医3000名近くの先生方が来られます。
そこで「オーストラリアでの臨床留学(研究留学)」をプロモートすれば、
一人でも多くの留学希望者の先生方にお会いできるのでは?と考えた訳です。

しかも、この企画をオーストラリア ビクトリア州政府にアイディアとして聞いてみたところ
出展への支援を頂けることとなり、医療留学に向けた特別にパンフレットの作成などの
予算も付けて頂けることとなりました。
パンフレットの作成には、臨床留学を行われている心臓外科医の先生などから寄稿の
ご協力を得ることができ、素晴らしい内容のパンフレットとなりました。

オーストラリア メルボルン留学 医療・臨床留学
【上記資料ご希望の方は弊社へお問い合わせください】
お問合せ先 KALEIDO留学サービス

このパンフレットを引っ提げて、いよいよ本陣へ!
頑張ってきます!!!!
関連記事
スポンサーサイト

theme : 海外留学
genre : 学校・教育

comment

Secret

プロフィール

KALEIDO留学サービス

Author:KALEIDO留学サービス
大西 輝彦(KALEIDO留学サービス代表)
(1972年8月31日 大阪生まれ A型)
◆NPO留学協会 関西事務局 副代表
◆オーストラリア政府教育情報センター・EATC認定留学カウンセラー
◆RCA海外留学アドバイザー

KALEIDO留学サービス
KALEIDO留学サービス、オーストラリア留学入学手続き無料手配

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
専門家Webガイド マイベストプロ京都
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
KALEIDO留学サービス
Copyright. All Rights Reserved.
RSSリンクの表示
認定留学カウンセラー資格
オーストラリアEATC認定留学カウンセラー資格
無料留学相談お問い合わせフォーム
無料留学相談フォーム
円送金で留学資金を損させない!!
お得な円送金
オーストラリアの携帯電話
オーストラリアで携帯電話なら
留学保険ならAIU
ワーキングホリデーでも使えます
AIU海外留学保険
移民申請代理エージェント
CTS Australlia
人気ブログランキング
ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。