FC2ブログ

オーストラリアで日本語教師を目指す人に朗報となるか?

ラッド新政権になってから、前ハワード政権が敷いていた方向性から転換する動きが見え始めてきました。95年から05年まで前ハワード政権はオーストラリアの教育制度改革にて他言語教育(LOTE?Language Other Than English)を縮小していましたが、ラッド政権に交代してから他言語教育に力を入れ始めてきた模様です。
Stop minding your language
出典 「The Australian Higher Education」April 02, 2008

そもそも新首相のケビン・ラッドは、在中国大使の経験があり中国語が堪能な人物として知られています。娘婿も中国系オーストラリア人であることからアジア言語への関心が高く、これまで減少傾向であった他言語教育を回復させる方針のようです。

オーストラリアで日本語教師を目指す場合、たいていの場合はオーストラリアの大学にて教員免許取得プログラムを受講しなければいけません。日本語教師としてオーストラリアの学校で働くには英語を使って日本語を教える教授法を利用している為に高度な英語力が求められています。
そして、無事卒業できたとしても就職先としての学校にLOTE教育へ充てる予算が無い為に就職難に陥る日本語教師が多く居たことも事実です。

ラッド政権によるLOTE教育の増加へ向けた見直しによって新たにLOTE教師の募集が行われる可能性も見えてきました。しかし、日本語を学習するオーストラリア人学生の数がこれまで以上に増加するか否か?は、オーストラリア人が日本語を学ぶことへの魅力を何処まで感じさせる事ができるか?に掛かっています。
関連記事
スポンサーサイト



theme : 留学
genre : 海外情報

comment

Secret

留学関連書籍
人気ブログランキング
ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
リンク