FC2ブログ

ワーキングプアなワーホリにならないために?

学生ビザと違ってワーキングホリデーは必ず語学学校に通わなければいけない訳ではないので、もともと高い英語力がある場合や目的が明確な場合(1年を通じて旅行するなど)は語学学校に通わなくてもいい訳です。
しかし、語学学校に通う事で得られる恩恵(英語に慣れる・友達ができる・情報が得られるなど)も数多くあり、「語学学校の利用次第」で後々のワーキングホリデー生活に大きく影響するので、「語学学校へは行かないより行ったほうが良い」と言う事になります。しかし・・・

■「語学学校へは1ヶ月(4週間程度)程度で良いですか?」
そらぁ行かないより行ったほうが良いに決まっていますが、果たして1ヶ月の勉強でどれだけの英語力が身に付くのか?と言うと、正直言って後々のワーキングホリデー生活に影響を及ぼす程の英語力が身に付くとは思えません。とりあえずの意思疎通ができる程度の英語力、または「お客さん」としてオーストラリア人と接する事ができる英語力を身に付ける程度だと思います。

しかし、その後「現地の企業(店など)で英語を使って働きたい」って希望しているのなら、(優しくですが)「甘く見ちゃいかんよ」と言って差し上げます。
余程のスキルや経験がある方が同様の仕事をするのならば(まだ)理解できます。しかし、たかが1ヶ月程度の英語学習で「現地で英語を使って仕事をする」と言う希望は捨てさせた方が良いと思います。その様な幻想を持ったままワーキングホリデーで旅立たせるのには少々気が咎められます。
実際、オーストラリアに長期留学をしている留学生であっても英語を使って仕事をする場所を探すだけで大変な苦労している現状なのに、1ヶ月程度学んだ英語力のワーキングホリデーを雇う所があるのか?客観的に考えても難しいんです。

■「100万円程度でワーホリできますか?」
年間100万円の生活資金があればオーストラリアで1年間生活することは可能です。家賃を含む生活費で月額AU$1000未満の出費で抑えてアルバイトで補えば何とかできるでしょう。しかし、最初の段階(語学学校とホームステイを1ヶ月利用)でAU$3000程度の出費になります。残りAU$7000程度の生活資金で11ヶ月滞在しなければならないとなると余計に働いて補うしか方法がありません。この場合、「希望」と「現実」をつき合わせてどこかで妥協しなければいけなくなる時が訪れます。

「英語学習期間は長いほうがいい」と言うのは留学手配を生業にしているエージェントにとっては当然の如く発せられる言葉ですので営利的な発言って取られても否定はできません。しかし、語学学校での勉強は「この先のオーストラリア生活に向けての自分への投資」だからと提案しても、「お金が無い」って返事をされる場合がほとんど。「じゃぁ、もう少しお金を貯めてからワーホリすれば?」と薦めても「オーストラリアへワーホリで行く」事自体が目的なので、その先は「どうにかなる」と楽観的に考えているかもしれません。

「お金が無い」から語学学校の学習期間を短くしてアルバイトで生活費を稼ぐって事になりますが、英語ができなくて働ける先と言えば「日本関係のお店」にほぼ限られます。俗に言う「ジャパレス」で日本語まみれの中で1年過して「ワーホリの1年は何だったの?」って結果になるでしょう。
生活の為にジャパレスで働いてワーキングプアー・・・。オーストラリアで生活している意味は何??そんな一年が待ち構えているかもしれません。

夢に描いたワーホリ生活。人それぞれのワーホリの形があるかと思いますが、資金がなければ実際の生活に追われて「夢」、絵に描いた餅で終わってしまいます。資金がないのならその代わりに英語勉強をしっかりと行うなどして充分な準備が必要です。
どの様なワーホリ生活が待ち構えているのか?それは渡航する前から予測できる事でもあるんですよ。
関連記事
スポンサーサイト



theme : 海外留学
genre : 学校・教育

comment

Secret

留学関連書籍
人気ブログランキング
ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
リンク