FC2ブログ

語学学校の一日目って?

留学経験者の方なら当然知っている事も、これから留学を考えている人には「???」な事ばかり。
その中で「語学学校」に入学した初日にどんな事をするのか?と言うお話をします。

まず、語学学校への入学手続き最中に学校から配布された「オリエンテーションガイド」と言った書類には事前に目を通しておいた方が良いです。ホームステイ先から学校への行き方等はホストに聞いて事前に確認しておき、特に交通機関の利用方法や所要時間などは必ず聞いておきましょう。

期待と不安を胸に学校に到着して最初に行く先が「International Office」や「Admission Office」と言った受付窓口。学校によっては「新入生はこちら」と言った張り紙が出されている事もあります。
そこで自分の名前を告げて「新入生=New Student」だと言うことを伝えておきましょう。たいていの場合は同日に入学する新入生が集められた教室に通されます。

会話が無く落ち着かない時間をしばらく教室の中で過ごした後、新入生担当の学校スタッフが何やら説明を始めます。オリエンテーションの予定の話やその後の行程についての説明が終わった後で「英語力確認試験=Placement Test」が開始されます。筆記試験は1時間程度で終了して、その後で「面接=インタビュー」が行われます。そこで「自己紹介や語学学校へ英語を勉強しに来た理由、何故この学校を選んだのか?学校が終わった後の予定、出身国の事や家族の話など」いろいろと質問されます。でも、これも試験の一つで他愛のない会話を通じて「英語の表現能力やボキャブラリー等」が試されています。

筆記試験とインタビューが終わったら、学校内の施設の案内が行われます。受付や教員室、コンピュータールームや図書館など学校の施設の説明と利用方法や条件などが説明されます。そして、教室に戻ってから銀行口座の開設の方法や公共機関の説明、学校で使用する教材や備品などの配布や学生証の作成などを行います。最近ではデジカメで撮った写真をそのまま学生証に印刷する為に「あっ」と言う間に学生証ができてしまいます。州によって「学生証」の利用できるサービスは違いますが、映画館や博物館、美術館などは学生証を提示する事で「学割料金」で利用することができます。

公立校(大学やTAFEなど)とか施設が大きい学校や入学日が決まっていて大量の新入生が入る所は、入学日を月曜日とせずに平日にオリエンテーションを行う場合がありますので入学日の確認はしっかりとしておきましょう。(入学日?Enrolment Dateと授業開始日?Commencement Dateは別です)

オリエンテーションが終わると、Placement Testで判明した英語力に応じたクラスに参加する事になります。そこで初めて在校生との対面となり「自己紹介」をさせられることになります。突然「自己紹介」をさせられる事になって「頭が真っ白」になってしまって恥ずかしかった・・・って落ち込まない様に、あらかじめ「自己紹介」で話す内容は考えておいたほうが良いですよ。

朝の間の数時間の間に慌しくいろいろ説明を受けたり動いたりして、結構精神的に疲れる一日になるかと思いますが夢一杯の新生活スタート日には変わりありません。オリエンテーションから留学生活の第一歩がはじまります。
関連記事
スポンサーサイト



theme : 海外留学
genre : 学校・教育

comment

Secret

こんにちは

大西さん、ブログもやっておられたのですね。これから毎回読んでいきたいと思います。

書き込み多謝

おぉ!!遠い沖縄からメッセージありがとう!!
不定期に更新ですけど、何時でも遊びに来てください。
次回は京都か大阪辺りで一杯やりましょうか??
留学関連書籍
人気ブログランキング
ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
リンク