スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大金持ちの悩み

先日、ある女性からお電話を頂きました。
以前に一緒に仕事をした方へ「海外(オーストラリア)移住」についてお問い合わせをして頂いたのですが、お問い合わせを頂いた女性は、数年前にメルボルンを訪問した際に手に取った日本語情報誌(Dengon Net)を頼りにご連絡をして頂いたそうです。しかし、その方はオーストラリア関連でのお仕事から撤退された後でしたので、私をご紹介して頂きました。

お話を伺うと、どうやら一生で使いきれないだけの財産をお持ちで、昔からの憧れだった海外移住を目指したいとの事。ご主人を亡くした後は特にそのお気持が強くなり、昔旅行して気に入ったメルボルン、オーストラリアで第二の人生を謳歌したいとご希望だそうです。

オーストラリアでも一昔前は「ロングステイビザ」と言った長期退職者ビザがあったのですが、それも無くなってしまい現在は別のビザを利用する事になっています。

「退職者ビザ」?4年置きの暫定ビザ。(永住ではない)
・75万ドル以上送金可能な事
・75万ドル以上の州債を購入
・年間の年金取得などが6万5千ドル以上(州債からの利子も含む)
=1億5千万持っていて、650万の収入がある人
・55歳以上から申請可能
と言う事で残念ながらその方(55歳未満と言う事で)には該当できませんでした。

「オーストラリア投資家永住ビザ」
・オーストラリア州債の購入として少なくとも1億5千万円以上の資産
・過去3年間の資産運用によって毎年10万ドル以上の収入がある事を証明

(上記記載は、あくまで概略ですので、詳しくはDIACサイトを参照してください)

ちょとした小金持ちでは手が出せない金額ではありますが、ご相談頂いた方に「投資家ビザ」の説明をすると、「それ位でいいのですか?」ってレベルなんだそうです。とにかくお金はいくらでもあるとの事で・・・。うらやましい限りです。

その方のお話を聞いておりましたら別にお悩みもあるそうで、それは「もう一度女性として華を咲かせたい」と言ったご希望でした。40代でご主人を亡くし、巨額の財産を相続しながらも「残された人生をどう生きるか?」と言った悩みをお持ちだそうです。「お金はあるが人生に虚無感があり、このまま老いて行くのが怖い」と言う不安もあり、「どうせ異国の国で第二の人生を始めるのなら女性として、もう一度華を咲かせたい。」とのお気持があるそうです。即ち「再婚相手も探してみたい」と言う事で「オーストラリアでいい人見つかるでしょうか??」と尋ねられましたが、「そらぁ、いくらでもいますよ。募集すれば、整理券配って対応しなければいけない位殺到するでしょうね。」とお答えしました。

その方の仰るには、「財産目的」で寄って来る男は怖いとの事。それは当然でしょう。一生遊んでも使い切れない財産をお持ちならば、その魅力に寄せられて来る男はわらわらと現れるでしょう。財産ではなく、「一人の女性」として魅力を感じて再婚をしてくれる男性を見極めるのは簡単なことではありません。
再婚したくても、簡単に再婚できない立場の「大金持ち」。お金があるのは羨ましい限りですが、「人としての幸せって何なんだろう??」って考えさせられるご相談でした。
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

悩み

こんにちは,はじめまして.
私は今,交換留学でオーストラリアに滞在しています.留学は小さい頃からの夢で準備はほとんど自分でしました.
ですが,あまりに理想が高すぎて今現実を見させられているという感じです.英語も思ったより話せないし友達も思ったほどなかなかできないそんな毎日です.
留学ってこんなものなんでしょうか?

悩み

hiroeさん

はじめまして。書き込みありがとうございます。KALEIDO留学サービスの大西です。
留学についてのお悩み、話してくれてありがとう。
留学についての理想や夢が大き過ぎると「現実」との差に圧倒される事はあります。「目標」を持つ事は大事ですが、どうしても「越えられない壁」と言うのはあるものです。
hiroeさんが、現在「交換留学」で留学されていると言うのならば余計に厳しい現実に晒されていると想像できますね。なぜなら「交換留学」は、私費留学と違って、いきなり「大学の授業の途中」に放り込まれる訳でしょうから、面食らうのも無理ありません。
大学の履修課程の途中から編入する訳ですから、友達も作りにくい(既に友達関係のグループみたいなのが形成されていて入り込み難い)のもわかります。まるで転校生な気分でしょう?
でも、交換留学ってそんなものですよ。新入生みたいに一からオリエンテーションがある訳でもありませんからね。
英語も日本で勉強されていたままで来られたかと思いますが、やっぱり現地で英語を勉強した人とは差があるもの。それらは本当に「仕方ない」レベルの問題だと思います。
でも、大事なのはhiroeさんの念願だった留学を楽しんで満喫する事なんだと思います。
余り落ち込まずに、今の自分を楽しんでみる余裕が出て来ると良いですね。
また、相談等あれば連絡して下さい。
プロフィール

KALEIDO留学サービス

Author:KALEIDO留学サービス
大西 輝彦(KALEIDO留学サービス代表)
(1972年8月31日 大阪生まれ A型)
◆NPO留学協会 関西事務局 副代表
◆オーストラリア政府教育情報センター・EATC認定留学カウンセラー
◆RCA海外留学アドバイザー

KALEIDO留学サービス
KALEIDO留学サービス、オーストラリア留学入学手続き無料手配

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
専門家Webガイド マイベストプロ京都
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
KALEIDO留学サービス
Copyright. All Rights Reserved.
RSSリンクの表示
認定留学カウンセラー資格
オーストラリアEATC認定留学カウンセラー資格
無料留学相談お問い合わせフォーム
無料留学相談フォーム
円送金で留学資金を損させない!!
お得な円送金
オーストラリアの携帯電話
オーストラリアで携帯電話なら
留学保険ならAIU
ワーキングホリデーでも使えます
AIU海外留学保険
移民申請代理エージェント
CTS Australlia
人気ブログランキング
ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。