FC2ブログ

オーストラリア インターンシップセミナー

先日のニュースで目を疑うような記事を発見しました。「なんじゃこりゃ?」
■■雪かきさんいらっしゃ?い(雪かき有償ボランティア募集)■■
http://mytown.asahi.com/gifu/news.php?k_id=22000000802270003

雪かきするのにお金を払って参加だそうです。誰が参加するんだろう??
いや、実益(身に付くスキル)があるからこそ参加する人もいるのか??「目指せ!雪かきのプロフェッショナル」ですかね?!
せめて、雪の降らない地域(国)の人に向けての観光誘致活動の一環の「商品」として販売すれば、もう少し違う印象を感じるのですが…。

誰にでもできそうな肉体労働にあえてお金を払わせてまでボランティアを募集するこの企画に(某大規模掲示板では)賛否両論があるみたいですが、本題は表記にありましたインターンシッププログラムについてです。

インターンシップも同様に「お金を支払って働かせて頂く」と言う名目は同じですが、「養った知識や技能の活かす術を実社会にて経験させる」点では専門性の高いもので、上記の「雪かき」とは一線を画すものですので混同されないよう・・・。

さる22日にオーストラリア大使館にて開催された「オーストラリア インターンシップセミナー」に参加してきました。
オーストラリアからインターンシップを手配する5団体が紹介され、イベントには留学代理店や旅行代理店、学校関係者など34団体が参加していました。
セミナーに参加をして様々な情報を得る事ができましたので、インターンシップについての基本情報(概略)を下記にまとめます。

ここでインターンシップとは何か?と言うと、オーストラリアでインターンシップとは、下記の通りに定義されています。
■主体的に業務に携わる(参加者の専攻に合致した業務)
■原則無給(一部有給があるが英語力や職歴が満たしている事が条件)
■対象年齢 18歳?30歳(ビザ条件による)

★インターンシップ手配企業の役割
■現地企業とのマッチング
■ビザ取得の手続き(416スペシャルプログラム)
 *ワーキングホリデービザは本人が申請する
■ホームステイ等住居の手配
■事前オリエンテーションか現地オリエンテーション
■インターンシップ期間中のサポート
■修了後の報告書作成(復学する際の単位認定などに利用)

★プログラムの基本情報(概略)
■期間 4週間から1年まで
■必要英語能力 IELTS5.5?6.0/TOEFL 525?550
■事前にELICOS(英語学習)も参加可能
■費用 (例)6ヶ月の場合  $1400(手配料)+生活費+英語+代理人手数料など
■手続きの所用期間  最低2?4ヶ月前
■日本人スタッフのサポートも可能

★インターンシッププログラムで参加できる業種や条件など
■基本的に大学や専門学校等の専攻に関連
■職務を遂行するのに適切なスキルを身に付けている
■福祉・幼児教育・学校・銀行・金融・会計・法務・人事・接客・営業・ホテル・観光・イベント関連など等(要問合せ)
■オーストラリア全土で手配可能

★ビザオプション
■ワーキングホリデー 
・18歳?30歳まで
・6ヶ月までインターンが可能
・4ヶ月のELICOS受講可能
■スペシャルプログラム 416ビザ
・18歳から30歳まで
・最長12ヶ月まで
・プログラム期間の20%期間分まで英語学習が可能
・インターンシップ手配会社がビザ取得に必要な書類の発行と申請を行う

お問合せの際は、参加者自身がどの様なスキルや専攻を持っていて、どの様な業界でインターンシップを体験したいか?を明確にする必要があります。
期間が短い、もしくは業務に従事するだけのスキルが足りない場合は、オブザベーション(見学)と言う形で手配をする事も可能だそうです。

海外で就労経験を得たいと希望する方もいるかと思いますが、自力で探すのもよし、こう言った手配会社を通すのもよし、と言う事でひとつの選択肢として検討してみては如何でしょう。
関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

留学関連書籍
人気ブログランキング
ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
リンク